「がん保険」の検索結果 38件

1/2ページ

新生きるためのがん保険Daysプラスの特長

新生きるためのがん保険Daysプラスは、CMでもおなじみのアフラックが提供する既存のがん保険契約者専用商品です。現在契約中の「アフラックがん保険」で不十分だったり欠けていたりする保障を補い、最新型のがん保険と遜色ない内容にリフォームする事がこの保険の目的です。 従って、基礎となる今までお入りのアフラックがん保険の保障内容に応じてご自身で必要な分野の保障を選択し足していくことができます。

がん保険に先進医療特約が必要な理由とは?

がん保険に加入する際、様々な特約があり迷ってしまうかもしれません。保険は万が一の時に備えて最低限用意すると良いという考えから、基本的に特約は付ける必要はありません。 しかし必ず付けてほしい特約として、先進医療があります。今回は先進医療特約の必要性について紹介します。

がん保険の加入率は年々増加!傾向とその背景とは

CMや雑誌の影響でがん保険は注目を集め、医療保険に並んで相談が多い保険の分野です。治療が長期化するがんを保険で備えておくことで家計への負担を減らすことができますね。 ただ、医療保険をメインに考える方が多いことからがん保険へ加入しない方も少なくありません。そこで今回は、がん保険の加入率をみてみたいと思います。

がん保険の一時金をおすすめする理由とは?

がん保険が最近注目されるようになり、保険会社もそれに合わせて様々な商品を出しています。例えば、従来医療保険のように手術や入院をすると給付金が受け取れるタイプや、がん治療をすると毎月給付金が受け取れるタイプ、がんと診断されると一時金で受け取れるタイプもあります。 それぞれメリットやデメリットはあるのですが、今回は大きな金額が受け取れる一時金タイプについて紹介します。

がん保険は終身と定期のどちらがおすすめ?

がん保険が注目されるようになり、各保険会社もさまざまながん保険を発売しています。保障内容も複雑でどれに加入したらよいか迷ってしまいますね。 今回はがん保険を選ぶ上で1番最初に選択しなければならない、がん保険の形について紹介しようと思います。

がん保険の必要性!加入するメリットとは?

芸能人ががんで死亡するニュースが取り上げられたりがん検診を勧めるイベントが増え、CMや雑誌でもよくがん保険が注目されるようになってきました。医療保険とは異なり、がんだけに特化したがん保険はどんな役割があるのでしょうか。 そもそも医療保険に入っていればがん保険は必要ない、という方もいますね。今回はがん保険の必要性について紹介しようと思います。

アフラックの新生きるためのがん保険Daysの保障内容とは

日本人の疾病死亡で主に多いのが各種のがんと心臓系の疾患である心筋梗塞、次に多いのが脳関係の脳卒中で、これらを三大疾病の死亡順のワースト3とされているのです。 一昔前まではこれ等疾病に関しては医療保険という形で、特別に病名専門の保険と言うのはありませんでした。 しかし近年になってがんという特殊な病気にのみに特化したのが、がん保険です。がん専用の保険で、様々な特約やがん保険ならではの色々な形の保障があ […]

医療保険とがん保険はどちらがおすすめ?人気はどっっち?

医療保険とともに人気がある保険は、がん保険です。2人に1人ががんになる時代ですから、その需要は伸びてきて当然です。がんになってしまった場合治療が長引くことが想定されるため、がん保険は長引く治療にしっかりと備えられるものを選ぶ必要があります。 今のがん治療の現状をしっかりと見極め、加入する保険会社を選びたいものです。

女性のための保険ならセコムメディコムワン

医療保険やがん保険に入るなら、いろいろな疾患の保障をしてくれるものが良いという人もいますが、様々なタイプの保険があるので、自分に合った保険を選択することは簡単ではありません。 特に一度がんなどを患ってしまうと、保険に入りにくくなってしまう現実があります。しかし今日紹介するセコムメディコムワンなら乳がんを経験した女性のためのがん保険と特化されたものなので、保険に入りたい女性も選択しやすいですし、一度 […]

セコムメディコムワンの保険料っていくら?

セコムメディコムワンは、これまでに乳がんを患った人が加入できるがん保険です。乳がん治療をしたことがあるという既往があれば、それだけ今後再発や転移といったリスクが増えるのは当然。そのためセコムメディコムワンに加入はできるけれど、保険料は高いものになるのではないかと心配な女性も少なくありません。

セコムのメディコムワンの評判はいいの?

女性のがんの中でも決して珍しくないがんが、乳がんです。実際に闘病した人のドキュメンタリーをテレビでしたり、雑誌でインタビューを見ることも少なくありません。そこに描かれているのが、闘病の辛さ、そして完治してもなかなか元の生活に戻ることのむずかしさ、また再発や転移といった不安を読み取ることができます。

抗がん剤治療も一生OKのメディケア生命のメディフットA

人生80年と言いますが、今や日本人の2人に1人は、一生のうち一度は「がん」になると言われており、長く生きれば生きるほど、がんになる確率は高まると言えます。ある意味、がんの治療を受けるのは当たり前ぐらいの感覚でいる方が、人生設計を立てる上で必要と言えるのかもしれません。

終身保険アフラックWAYSのデメリットは何?

終身保険は全ての生命保険会社で取り扱っている基本的な商品ですが、がん保険で有名なアメリカンファミリー保険会社にもアフラックWAYSという終身保険があります。この商品は保険金の受け取り方を契約者が好きな4つのコースから選べるという特徴がある商品ですが、デメリットは何があるでしょうか。

富士生命がんベスト・ゴールドαのおすすめポイント

昨今のがん治療は、医療技術の進歩によって入院日数の短期化が顕著になっており、将来的には通院による治療が主流になるであろうとの予測が支配的です。 入院に対する保障を第一義とし、通院は二の次としがちな癌保険が多い中、富士生命の「がんベスト・ゴールドα」はこうした時流を上手くキャッチした商品と言えるでしょう。