そもそも学資保険は必要?学資保険が向いている人とは

そもそも学資保険は必要?学資保険が向いている人とは

子どもが生まれたから学資保険に加入しようと思っている方々は非常に多いと思います。周りが加入しているから、なんとなく入っていおいた方が良いと思っているなど、加入の動機としては曖昧な方が非常に多いのも特徴です。

学資保険はそもそも必要なのか、と思っている方も多いですね。今回は学資保険の必要性についてお話しようと思います。


学資保険とは

学資保険とは、子どもの進学にかかる資金を準備する保険です。子どもが生まれてから加入し、18歳を迎えた時に、大学の進学費用としてそれまで支払ってきた保険料の相当額を受け取ることができます。

中には、小学校や中学校、高校に進学するタイミングで一時金を受け取れたり、5年や10年毎に一時金を受け取れる商品もあります。

金融機関に教育資金を預けて置くといつでも引き出すことができるため計画的に貯められないこともありますが、保険料として毎月支払保険会社に貯蓄しておくことができるので、毎月貯金するのが苦手な方にとっては良いといえるでしょう。

学資保険はあくまでも保険ですから、子どもの怪我を保障する医療保障特約や契約者である親が死亡した時に保険料が免除になる払込免除特約、契約者が死亡したり高度障害になった時に満期金以外にお金を受け取れる育英年金特約など、貯蓄目的だけではない保障をつけることができます。

しかしこれらは特約であり、あくまでも掛け捨てです。特約をつければ保険料が上がりますし、特約分の保険料は支払事由に該当しない限り支払っているだけで、貯蓄部分には反映されません。

学資保険は必要?

学資保険に加入する際は、返戻率を重視する必要があります。返戻率とは、払い込んだ保険料と受け取る金額の割合を示したものです。

例えば、0歳から18歳まで月々1万円の保険料を積立て、18歳の時に受け取れる満期金が250万円だとしましょう。すると、18歳までに払った総支払保険料は216万円ですから、お金が増えて戻ってきますね。

計算式としては、250÷216×100=115%となります。返戻率が100%を超えていれば、戻ってくる金額のほうが多く、100%を切れば元本割れといって支払った保険料より戻ってくる金額が少なくなります。

貯蓄目的で加入する学資保険ですから、返戻率は高いことにこしたことはありません。しかし、学資保険の多くが元本割れ、もしくは返戻率が101%ほどの商品が多くあります。101%台であれば、今まで支払った保険料に対して、多くても5万円ほどが増えて戻ってくるくらいです。

18年も保険料を支払い続けて、増えるのがたった5万円であれば必要ないと考える方も多いと思います。また、途中解約すると確実に元本割れになります。現在の金融機関の金利は0.001%くらいですから、それと比べれれば良い商品と言えますが、本当に学資保険で良いのかを考える必要があります。

さいごに

進学資金として学資保険を検討している場合は、低解約返戻金型終身保険と比較してみましょう。終身保険の方が返戻率が高い場合が多いので、比較の余地は十分にあると思います。

それでも返戻率に納得できない場合は、株式投資や投資信託などが良いかもしれませんね。教育資金を保険を使って積み立てるのは、コツコツ貯蓄をするのが苦手であったり、保障をしっかり持ちたいという方におすすめです。

教育資金=学資保険という概念を一度取り去って考えてみると良いですね。

学資保険カテゴリの最新記事