「赤ちゃんが生まれたら学資保険!」は間違いだった?

「赤ちゃんが生まれたら学資保険!」は間違いだった?

赤ちゃんが産まれると、将来困らないようにしてあげたい、という思いから学資保険を考える方が多いように思います。しかし、そもそも学資保険に加入する必要があるのか、学資保険って一体何?など、わからないことがたくさんありますよね。

赤ちゃんが生まれて、赤ちゃんのために保険に加入しようと考えることは良いことです。しかし、慌てて学資保険に加入して失敗したというケースもあるのです。本当に赤ちゃんのためになる保険を考えていかなければなりません。

今回は赤ちゃんが生まれた時に考える学資保険について紹介しようと思います。


学資保険とは

学資保険とは、生まれてきた赤ちゃんが将来必要になるであろう進学資金を貯蓄する目的で加入する保険です。商品によって異なりますが、大学のために貯蓄する商品や、中学校や高校に入学するタイミングでも貯蓄したお金を受け取れる保険など、種類は様々です。

保険会社に毎月保険料としてお金を預けることで保険会社がそのお金を運用するため、お金を受け取るタイミングで多少お金が増えて戻ってくるのが普通です。

あくまでも保険ですから一般の貯蓄とは違い、保障が付いています。契約者である親が亡くなった場合、その後の保険料が免除されつつ満期を迎えたタイミングで給付金を受け取れます。また、税控除の対象となる上、給付金の税金も免除になる可能性があります。これらは学資保険に加入する大きなメリットといえます。

学資保険は赤ちゃんに必要?

赤ちゃんが産まれると必ず学資保険に加入しなければならないと思っている方もいるのですが、実はそうではありません。確かに学資保険に加入すると銀行で貯蓄するより返戻率が高くなりますし、銀行にはない税制面での優遇もあります。

しかし教育資金を準備する方法は学資保険だけではありません。株で運用したい人や、将来の学費が準備できている人には学資保険は必要ありませんし、終身保険で教育資金を準備する方法もあります。ここでは終身保険を学資保険の代わりにする方法は割愛しますが、子どものための貯蓄といえど方法はたくさんあるのです。

ただし、学資保険や終身保険などの保険を使って教育資金を貯めるのに向いている方もいます。自分でお金を貯めていくのが苦手だったり、低金利で銀行に預けておくのはもったいないと感じている、毎月安定して積立を行いたいと思っている方にはおすすめできます。

赤ちゃんができたから、必ず学資保険に入らなければならないということではありません。周りのアドバイスも参考にしながら、自分にあった貯蓄方法はどれなのか考えてみると良いですね。

さいごに

学資保険に加入をしようと決まった場合、どの保険に加入したら良いか迷うと思います。1番注目してほしいのは、返戻率です。返戻率とは、支払った保険料に対して満期時に受け取れる金額の割合です。100%を超えていればお金が増えていることになりますが、100%を切ると元本割れといい支払った保険料の方が多くなってしまいます。できるだけ返戻率が高い商品を選びましょう。

また、学資保険には医療保障や育英年金などの保障を付けることができます。しかしそのような特約の保険料は掛け捨てとなりますし、その分の保険料が高くなります。つまり、元本割れの可能性が高くなるので気をつけましょう。

赤ちゃんが生まれて学資保険を検討する方は非常に多いですが、低金利の影響で保険会社も予定利率を引き下げ、返戻率が各社下がっている状況です。学資保険が本当に必要なのかも含めて、教育資金をどのように貯めるのか今一度考えてみてください。

学資保険カテゴリの最新記事