アフラック 夢みるこどもの学資保険 返戻率について

アフラック 夢みるこどもの学資保険 返戻率について

子どもの将来の学資に充当するための貯蓄1つの方法として学資保険があります。この学資保険は、毎月一定額の掛け金を支払う事でその積み立て分と返戻率を付加した金額が、適時設定で高校や大学の学資に充当できる様に保険金として支払われるものです。

この学資保険には、多くの場合には、掛け金を支払っている親御さんが亡くなった場合には、以降の掛け金の支払いが不要となる死亡保険的な要素も付加されています。


夢みるこどもの学資保険

そんな学資保険の中で、人気の保険の1つがアフラックの夢みるこどもの学資保険です。このアフラックの学資保険の返戻率はマイナス金利の影響もあり、現在では契約条件によって異なるものの、カタログ表記では96.2%となっています。契約条件によっては104.2%まで変化しますので、条件による返戻率のシミュレーションを事前に行ってもらうと良いでしょう。

アフラックの夢みるこどもの学資保険は例えば300万円コースであれば、高校入学時に50万円、大学初年度に100万円、大学の2年から4年まで各50万円が支払われるのが標準で、シンプルな事が人気の一要素となっています。

近年、返済が必要な奨学金を受けて大学に進学し、卒業と同時に多額の借金を背負い、返済に苦しんでいる事が社会問題となったりしています。上記の例の300万円では、大学の学資全体をカバーする事はできませんが、それでも子どもが返済が必要な奨学金を借りる額は半減できます。

生後すぐに加入すれば、掛け金は毎月1万5千円程度であり、やはり学資保険に加入して長期に資金を積み立てる事がお勧めです。

また子どもの年齢に応じて生命保険を見直すべきだとよく言われますが、これには高校・大学等での学資が大きい為、これに充当する事を考えると、子どもがそうした時期に差し掛かれば、生命保険を高額にすべきと言われるのです。

従って、死亡保険をメインとした生命保険を何度も見直す事を考えると、契約者が例えば60歳等の一定年齢になるまでの契約期間で収入保障保険に入り、契約期間内に死亡した場合には一定金額が毎月保険金として入るようにし、それに学資保険をセットで組み合わせれば、遺族の生活設計イメージが立て易いと思えます。

いずれにしても、教育資金として学資保険に加入して備える事は必要でしょう。その場合には、返戻率のみならず、様々な要素を勘案し、どの保険にすべきを考えると良いでしょう。

その際には、学資保険の人気ベスト5に入っているアフラックの夢みるこどもの学資保険も、その候補の1つとして検討されると良いでしょう。

学資保険カテゴリの最新記事