学資保険とはどんな保険?選ぶ時のポイントは?

学資保険とはどんな保険?選ぶ時のポイントは?

子どもの進学資金を貯める目的として加入されるのが、学資保険という保険です。毎月保険料を支払うことで、お祝い金や満期金として給付金が受け取れるのです。

子どもが生まれたタイミングで加入される方が非常に多いですね。今回は学資保険について詳しくみていきたいと思います。


学資保険とは

学資保険をこども保険と言ったりしますが、どちらも同じ保険です。子どもの高校進学、または大学進学のタイミングて入学金が必要となるため、それまで保険を使って積み立てることができます。

毎月保険料を支払い、契約時に定めた子どもの年齢で、お祝い金や満期金が受け取れるようになっています。大学進学のタイミングで満期金が受け取れることが多いのですが、商品によっては小学校、中学校、高校とそれぞれの入学のタイミングでお祝い金を受け取れる保険もあります。中には、社会人となるタイミングで受け取れる商品もあったりします。

子どもの教育資金を積み立てることが目的の学資保険ですが、あくまでも保険ということで、契約期間中に契約者(親)に万が一のことがあった場合以後の保険料が免除されたり、育英年金のように毎年まとまった年金を受け取りながら給付金も受け取れたり、子どもが病気や怪我をした場合に給付金が支給されたりすることもあります。

金融機関の口座に貯蓄すると預けたお金を好きな時に出し入れできますが、あくまでも保険ですから、好きな時に出し入れすることができないのは注意が必要ですね。

学資保険を選ぶ時のポイント

学資保険を選ぶ時は、何と言っても返戻率を比較する必要があります。ただ漠然と学資保険に入っても意味がありません。

返戻率というのは、支払った保険料の総額に対して受け取ることができる給付金や保険金額の割合がどれくらいかを示したものです。自分が支払ってきた保険料を元本として、それを上回れば返戻率がよく、数字的には100%を超えてきます。一方で返戻率が100%を下回れば、元本割れという表現をします。計算式としては以下のようになります。

返戻率=受け取る給付金・保険金額の総額÷支払う保険料の総額×100

医療保障や育英年金のような特約が学資保険についている場合、返戻率が元本割れする可能性が非常に高いです。学資保険は貯蓄が目的ですから、保障内容はシンプルかつ返戻率が高いものを選ぶ必要があります。

さいごに

そもそも学資保険は必要なのか、という疑問をお持ちの方も多いかもしれません。大学進学のための資金は最低200万円必要で、4年制の大学だとトータルで700万円は必要だと言われています。仮に700万円を18歳までに準備しようと思うと、月々35,000円くらいの貯金が必要になります。この数字が現実的であれば、学資保険は必要ありません。

しかし、医療系の大学を目指したり、高校から私立に通うとなると学費はさらにかかります。大学在学中も自宅から通うのか、1人暮らしをするのかでもかなりの差が出てきますね。

子どものために様々な選択肢を残してあげるという意味では、子どもが生まれた段階で何かしらの資金準備を始めるべきだと考えます。それが学資保険である必要は全くありません。保険で言えば、低解約返戻金型終身保険の方が学資保険に比べて返戻率も良くなっています。終身保険を外貨建てにすることで、さらに返戻率が期待できます。

保険で貯蓄をしようと考えるのであれば、学資保険や終身保険というのは悪くない選択肢だと思います。その際は返戻率をしっかり比較して選んでみてくださいね。

学資保険の選び方カテゴリの最新記事