がん保険の必要性!加入するメリットとは?

がん保険の必要性!加入するメリットとは?

芸能人ががんで死亡するニュースが取り上げられたりがん検診を勧めるイベントが増え、CMや雑誌でもよくがん保険が注目されるようになってきました。医療保険とは異なり、がんだけに特化したがん保険はどんな役割があるのでしょうか。

そもそも医療保険に入っていればがん保険は必要ない、という方もいますね。今回はがん保険の必要性について紹介しようと思います。


がん保険とは

がん保険は、がんに特化した保険です。がん治療にかかる経済的負担をカバーするのが目的ですね。例えば、がんで入院すると1日につき入院給付金が受け取れたり、がんで手術をすると手術給付金が受け取れます。医療保険のがんバージョンといったイメージでしょうか。

医療保険と同様で、がん保険にも定期タイプと終身タイプがあります。定期タイプは保険期間が定まっており保険料が更新ごとに高くなるため、終身タイプを選択される方が多いですね。

今や2人に1人ががんになると言われているためがん保険に加入する方が増えてきました。医療保険のがん特約でもがんに備えることができるのですが、がん保険は主契約でがんに備えることができる分保障内容が充実しているのです。

がん保険の必要性

がん保険はそもそも必要なのかという疑問がありますが、がん治療に耐えられるだけの預貯金がある方や、がんになっても治療をしないと決めている人にはがん保険は必要ないと考えています。

しかしがんの特徴として、治療が長期化する傾向にあるためその時の経済的負担をなくすためには、医療保険ではなくがん保険が必要となってきます。

手術で完治できるような小さながんの場合は経済的負担は軽く済むでしょう。しかし抗がん剤治療や放射線治療になると治療が長期化する傾向にあるのです。治療が長期化するということは、収入が減少することも念頭におかなければなりません。

日本には高額療養費制度というのがあり、月々の実質負担は8万円程度で済みます。これに交通費等を入れても月々10万円の出費です。この出費が1ヶ月から2ヶ月で済めば負担は少ないですが、治療が長期化し1年以上続く場合はかなりの負担ですよね。

収入が減少する一方で、日々の生活費は変わらずにかかります。そこに治療費が上乗せされるため、年間収支のバランスが崩れていくのは目にみえているのです。

がん保険は、そのような長期入院や長期治療に備えるための保険です。医療保険では長期治療に対応していなかったり、支払日数に限度がある場合があることから、がん保険が必要だといえるのです。

がん保険の注目ポイント

がん保険というのは医療保険に似ているのですが、そもそも医療保険で備えられている部分をがん保険で上乗せすると保険料が高くなってしまいます。がん保険に加入するのであれば、医療保険ではカバーしきれない空白の部分を埋めるように加入するべきです。

そのために選んでほしい注目ポイントは以下の3つです。

  1. がんと診断された時の一時金
  2. 抗がん剤治療給付金
  3. 放射線治療給付金

まずがんと診断された時の一時金は、100万円から200万円を設定しましょう。これによってがんと診断を受けた場合、最初に大きな金額を受け取ることができるため、先々の不安を少し軽減することができますし、手術代に充てることができます。

また、この一時金はがんの治療が長期化した場合、2年後もしくは1年後に再度受け取ることができる保険会社があります。1度一時金を受け取るとその後はもらえない保険会社ではなく、数年後に再度受け取れる保険会社がおすすめです。

抗がん剤治療給付金や放射線治療給付金は、月々10万円から20万円を設定するのがおすすめです。抗がん剤治療や放射線は継続して行う治療ですから、月々受け取れるタイプの保険であれば治療費だけではなく、日々の生活費にも充てることができますね。

この3つのポイントを抑えた保険であれば、年齢にもよりますが月々の保険料は2,000円から3,000円くらいで加入することができます。

もしこの他に、医療保険の上乗せで入院給付金や通院給付金、手術給付金を付けると保険料が高くなりますが、手厚い保障をもつことができます。しかし、2人に1人はがんになると言っても自分が本当にがんになるかはわかりません。最低限備えておくという意味では、上記の3つのポイントを抑えたがん保険に加入しておけば安心できるのではないでしょうか。

さいごに

がん保険は医療保険にはない部分埋めるように備えることで、長期治療の経済的負担を軽くすることができます。あくまでも掛け捨ての保険ですから、がんにならなければ使うことがありません。それでもがん保険は加入しておくべき最優先の保険といっても過言ではありません。

もし医療保険にがん特約を付けていたり、がん保険に加入している方は、長期治療に耐えられる保険かどうかを見直してみましょう。保険は万が一の備えですが、いざという時に使えない保険に加入していても意味がありませんので、自分の加入している保険がどうなっているか再確認してみてくださいね。

がん保険カテゴリの最新記事