チューリッヒ生命三大疾病保険プレミアムの特徴とは

チューリッヒ生命三大疾病保険プレミアムの特徴とは

チューリッヒ生命の三大疾病保険プレミアム(以下、プレミアム)は、がん治療に対する保障を主契約とし、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中の三大疾病にまで保障を拡げた特約を自由に組み合わせる事の出来る終身タイプのがん保険です。

他の保険会社にはない、がん保険や三大疾病保険の形をしており、非常に特徴のある商品です。今回は三大疾病保険プレミアムについて紹介します。


プレミアムの特徴

主契約は、無解約払戻金型終身がん保険と言い、放射線治療のほか、抗がん剤・ホルモン剤治療といった化学療法について保障してくれる保険です。入院や通院に関係なく、これらの治療を受けると月単位で給付金が受け取れます。回数無制限で1ヶ月につき10万円から受け取ることができるのです。

特約は、三大疾病の治療を生涯にわたって幅広く保障する内容となっており、高額治療の負担を軽くします。まず先進医療については、掛かった技術料と同額の三大疾病先進医療給付金が、通算で2000万円を限度として回数無制限で給付されます。

続いて診断特約ですが、三大疾病と診断された場合、一時金が給付されます。入院については、1日につき5000円を支給する入院特約が有ります。手術特約は、1回につき給付が受けることができ、これらの特約はいずれも回数無制限です。

また、三大疾病で通院した場合に、一日につき5000円を支給する通院特約もあります。特約にはこのほか、がんと診断された後は保険料の払い込みを免除する払込免除特約、がん診断後ストレス性疾病給付金、緩和ケアに着目したものなどが有ります。

プレミアムの保険料

気になる月払いの保険料ですが、満20歳の男性ならば580円、満40歳ならば男女ともに900円に満たない金額で、放射線治療や化学療法を受けた場合に毎月10万円が給付されるのです。給付金は非課税扱いです。

がん保険や三大疾病保険の中でも、かなり安い保険料となっているのです。特約をつけても保険料が驚くほど高くなることはありませんので、1度シュミレーションしてみると良いかもしれません。

さいごに

現在、日本人の半数以上が、がん、心疾患、脳血管疾患で亡くなっています。とりわけがんで亡くなる人は、全体の3割を占めるに至っています。

近年の医療技術の進歩により、がんは通院による治療が可能となりました。この保険の主契約では、通院治療で用いられる放射線療法と化学療法に主眼を置き、サポートします。

さらに三大疾病による入院は長期化しがちで、高額です。特約では、こうした三大疾病の医療事情を考慮した保障内容となっております。

がん保険カテゴリの最新記事