優秀ながん保険商品メディフィットプラスとは

優秀ながん保険商品メディフィットプラスとは

メディケア生命保険が出しているがん保険商品には、メディフィットプラスがあります。とても優秀な保険で人気があります。今回はメディフィットプラスについて紹介します。


メディフィットプラスの特徴

この商品はがんを含む特定8疾病で一時金が支払われますが、初期がんで転移などの可能性が低いことから他のがん保険では減額された一時金のみであることも多い上皮内新生物でも同額保障をしてくれますし、保険料も安く無料の健康相談サービスなども充実している商品です。

終身のがん保険で、最初に契約した保険料から一生涯上がることはありません。特約で保険料免除をつければがんなどの疾病になった後は保険料の支払いも必要なくなります。

メディフィットプラスはがん保険商品であり、入院や通院などの給付はありません。しかし上皮内がんを含む全てのがん、心疾患、脳血管疾患、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎、糖尿病、高血圧性疾患になってしまった時に一時金で保険金が支払われます。

一般的ながん保険では基本的にはがんのみの保障の上皮内がんは対象外となることも多いのですが、この商品はがんだけでなく他の疾病でも一時金が支払われます。それでいて一般的ながん保険商品と保険料があまり変わりません。

そして一時金の給付条件が比較的緩いところもメリットでしょう。例えばがんと診断された場合には一時金が出ますし、急性心筋梗塞や脳卒中、慢性腎不全や肝硬変で入院または手術をすること、急性心筋梗塞以外では20日間の入院または手術で一時金が支払われます。

一時金は一年に一回を限度として複数回貰うことが出来ます。そして一年以内であっても別の病気になった場合にはまた一時金が支払われます。例えば脳梗塞の入院・手術で一時金を貰った半年後に今度はがんの診断が下ったとすると、がんでも一時金が給付されます。

またメディフィットプラスは先進医療特約も一般的ながん保険に比べると保障が幅広いという特徴もあります。一般的ながん保険であれば先進医療はがん治療に限定されることが多いのですが、この商品はがん治療に限定されません。そして先進医療を受けた際には一時金として5万円の給付があります。

無料で受けられるサービスに医療サービスで有名なティーペック社が提供しており、この会社のサービスは個人で契約した場合年間で10万円以上かかるほどに高額なサービスですが、メディフィットプラスの契約者はそれを無料で受けられます。

がん保険カテゴリの最新記事