富士生命がんベスト・ゴールドαの特徴とは

富士生命がんベスト・ゴールドαの特徴とは

富士生命のがんベスト・ゴールドαは、診断一時金を手厚く保障している点がポイントと言えるでしょう。
診断一時金は使途が自由なので治療スタイルに合わせて使う事が出来、実に使い勝手の良いがん保険と言えます。

がんベスト・ゴールドαの特徴

がん診断された場合に支給される診断一時金は、初回診断一時金と合わせて最高300万円まで受け取る事が出来ます。

主契約は診断給付金のみとなっており、2年に一度を限度として回数無制限で給付されます。ですから再発や転移、継続治療についても安心できる保障内容です。

例えば肝がんなどは、手術後3年以内の再発率が50%と高く、こうした事実を考慮してもがんベスト・ゴールドαは頼りがいのある保険と言えそうです。プランが充実している為、特約を付けなくとも主契約だけで良いといった声もある位です。

悪性新生物と診断されたら、以後の保険料は免除されます。がん治療の長期化は家計を圧迫しがちです。保険料の負担を軽減できる様に配慮されています。

特約についても魅力的な内容となっております。上皮内新生物診断給付金特約を付ける事によって上皮内新生物に備える事が出来ます。主契約と同様、診断確定時に一時金が、2年に一度を限度に何度でも給付されます。
次に、がん入院・手術特約で入院日数に応じた入院給付金が支給されます。

がん手術給付金は温熱療法や放射線治療に対しても有効で、60日に1回を限度に何度でも受給可能です。先進医療については、がん先進医療特約が有ります。入院の有無を問わず、技術料に応じて1療養につき最高500万円まで支給されます。この特約により、治療時の肉体的負担が少ないとされる重粒子線治療など先進医療が保障されます。

女性の方には女性がんケア特約が魅力でしょう。乳房再建や女性特有のがん手術など治療方法に応じて保障を上乗せ出来ます。

リビング・ニーズ特約は、今や一般化しつつあります。がんが直接の原因となって余命半年以内と診断された場合、保険金を生前中に受け取ることが出来ます。

月払いの保険料を見てみましょう。終身払い、がん診断給付金100万円、特約無しとした場合、30歳では男性2000円、女性1824円。50歳では男性が4243円、女性2898円と低価格で加入できますね。

がん保険カテゴリの最新記事