富士生命がんベスト・ゴールドαのおすすめポイント

富士生命がんベスト・ゴールドαのおすすめポイント

昨今のがん治療は、医療技術の進歩によって入院日数の短期化が顕著になっており、将来的には通院による治療が主流になるであろうとの予測が支配的です。

入院に対する保障を第一義とし、通院は二の次としがちな癌保険が多い中、富士生命の「がんベスト・ゴールドα」はこうした時流を上手くキャッチした商品と言えるでしょう。


がんベスト・ゴールドαとは

主契約を診断給付金だけに絞り、この保障を手厚くすることによって利用者は一時にまとまった治療費を手にする事が出来るのです。その治療費は使途が自由ですので、入院、通院を問わず各々の治療スタイルに合わせて使用できます。

勿論、余った保険金は貯蓄に回したり、生活費などに充当させても構いません。主契約の保障内容がシンプルで分かりやすく、使い勝手が自由で、しかもお手頃な保険料で加入できるがんベスト・ゴールドαは、実に親切ながん保険なのです。

主契約では、がん(悪性新生物)と診断された時に診断給付金100万円が給付されますが、高額な抗がん剤治療や重度のがん治療を想定して受給額を最高300万円まで設定する事が出来ます。さらに、がんと診断されたならば以後の保険料が免除されるというメリットも大きいでしょう。

他のがん保険では、保険料を上乗せして保険料免除特約を付けなければなりませんので、非常に魅力ある保障内容だと言えます。がんになったら保険料の払い込みが免除される訳ですから、終身払いで契約して月々の保険料を軽減させておくというのも賢い利用法かもしれません。

ただ注意しなくてはならないのが、これらの保障は悪性新生物と診断された場合に受けられるのであって、上皮内新生物ではないという点です。

先にも触れましたが、がんベスト・ゴールドαには今後のがん治療の主流になるであろう通院についての保障が厚いというメリットが有ります。診断給付金は、2年に1度を限度として何度でも支払われますが、2回目以降の給付の対象に通院も含まれているのです。他の多くのがん保険のでは、2回目以降の給付は入院の場合だけというケースが一般的であるという実情を考慮しますと、このメリットは大きいでしょう。

がんベスト・ゴールドαの魅力はまだあります。それは、セカンドオピニオンサービスなど健康相談サービスが無料で受けられる事です。同居の家族も利用できる医療相談サービスが有る上、がんのみならず糖尿病に関する相談も可能です。

がん保険のおすすめカテゴリの最新記事