アフラックの医療保険everで、帝王切開の手術給付金が受け取れる! その金額は?

アフラックの医療保険everで、帝王切開の手術給付金が受け取れる! その金額は?

近年、帝王切開で出産する人の割合が増えており、妊婦さんのおよそ5人に1人は帝王切開を経験すると言われています。帝王切開とは、母体や胎児の安全を考慮し、自然分娩を見送るべきと判断された場合に、実施されます。では、通常分娩と比べて帝王切開の費用は高いのでしょうか?

アフラックの医療保険everは、帝王切開の手術代が受け取れるのでしょうか?


帝王切開の手術代はいくらするの?

通常分娩の手術代は、一般的に40万円から80万円程度と言われています。通常分娩は、病気(異常)ではないため、入院・手術をしても、医療保険の給付対象外となり、全ての費用が自己負担となります。

対して、帝王切開の手術代は、健康保険が適用される医療行為です。その費用は、前もって予定される「選択帝王切開」で20万円前後、通常分娩から急遽帝王切開に切り替えて手術が行われる「緊急帝王切開」で22万円前後といわれています。

通常分娩と比べて帝王切開の入院日数は1週間と長くなるため、自己負担の総額は40万円〜100万円程度になります。

everで受け取れる保険金額はどれくらい?

手術をした場合に受け取れる保険金額は、個人の加入している保険の「入院給付金日額」によって異なります。これは、1日入院することで受け取れる金額のことですね。

入院1日につき、1万円が給付されるプランに加入していた場合を見てみましょう。帝王切開の場合の入院日数を、7日間と仮定します。アフラックの医療保険「ever」は、日帰り入院を含む、たった1日の入院で、一律5日分が受け取ることのできる、入院短期化への備えがあります。

今回は7日間の入院ですので、入院給付金日額1万円×7日間で、7万円が受け取れます。さらに、帝王切開の場合、手術給付金を受け取ることができ、入院中の手術となるため、入院給付金日額の10倍である、10万円が給付されます。そのため、入院給付金と合わせると、17万円を受け取ることができますね。

さらに、女性特約という、女性疾病の入院の際に、入院給付金額を上乗せで受け取ることのできる特約を5000円つけていた場合、入院給付金額は15,000×7日間となりますので、105,000円。手術給付金と合わせて、205,000円が給付されます。

everで保険金を受け取ることができないのはどんなとき?

アフラックの医療保険everに加入しているのに、帝王切開の保険金を受け取ることができない可能性もあります。それは、妊娠中の女性が医療保険に加入した場合に起こるのです。

妊娠が分かったあと、帝王切開になった場合の医療費が心配なので、everに加入したとします。しかしその場合、妊娠していない女性と比べて、妊娠している女性は帝王切開のリスクが高いと保険会社に見られるため、帝王切開に対して保険金を給付できないという、「免責事項」に該当している可能性があります。

医療保険は、「申込み」「告知」「保険料」の三点が揃った時点で有効となりますので、「告知」の際、妊娠していないという告知をしたが、実は妊娠していて、給付金を申請した際に母子手帳を出し、告知義務違反として、給付が行われないといったケースもあります。

まとめ

everで帝王切開の手術給付金を受け取ることができます。「保険は健康なうちに」という言葉がありますが、妊娠してから医療保険に入ったとしても、帝王切開に対して保険金が支払われない事由に該当する可能性があります。

保険を検討している皆さん、「あのときに入っておけばよかった」とならないよう、加入を検討してはいかがでしょうか。

医療保険カテゴリの最新記事