オリックス生命の新キュアは出産時もカバー?

オリックス生命の新キュアは出産時もカバー?

出産というのは、とても費用がかかるものというイメージを持つ人は少なくありません。それもそのはず。出産というのは、病気ではありません。もちろん病院で医師や助産師、看護師の介助を受けながら出産をすることになりますが、それは全て自費診療になってしまうのです。そのため、出産費用って高いのですね。

今回は医療保険と出産費用について紹介しようと思います。


医療保険と出産費用

出産までの経過で何のトラブルもなくても、出産時に突然急変するという場合もあります。そんな時には、帝王切開術などの緊急対応で出産する場合も。予測できないことが起きた場合、ママも不安になりますが、更に手術などをすると医療費も跳ね上がるのではないでしょうか。

実は帝王切開など異常分娩になると、医療保険を使用できるため、出産での自己負担額は、3割負担になることがほとんどです。また医療保険を使用して異常分娩をした場合は、自分の加入している医療保険の給付対象になることも少なくないのです。

オリックス生命の新キュアでは、帝王切開による入院や手術をした場合は、給付金の支払い対象になっています。新キュアでは、約款に書かれた88種類の手術があり、それが対象に入っていないと給付の対象にはなりません。帝王切開は問題ありませんが、そのほかの異常分娩の場合は、出産後に問い合わせて確認をすることが必要です。

出産をするという時には、ただでさえ不安があります。痛みや体、そして赤ちゃんのことの不安もありますが、それと同時に経済的なことも不安に思う人も少なくないのですね。

それでも新キュアに入っていれば、万が一の出産に対しても補償が出る、それはこれから出産を迎える人にとって、とても心強いことでしょう。ただ保険に加入して保障されるまでの期間や、条件といったものもあるので、出産でトラブルがあった場合には、すぐに保険会社に確認をすることが大切です。そして自分の補償内容を詳しく知り、有効的に保険を使うのが便利です。

さいごに

医療保険は病気や怪我に関する経済的負担を軽減してくれるものです。出産は病気ではないことから、正常分娩であれば保険は適用外です。しかし、帝王切開等は保険適用になります。

出産のイメージは人それぞれあると思いますが、イメージ通りの出産になる方はほんの一握りです。どんな出産になるかはその時になってみなければわかりません。万が一の時の経済的負担を心配せずに出産するためにも、医療保険は大事になってきますね。

医療保険カテゴリの最新記事