働けないリスクに備える給与サポート保険とは

働けないリスクに備える給与サポート保険とは

健康な時には病気やケガで自分が働けなくなるということを意識される方は少ないのではないでしょうか?しかし事故や病気は突然自分の身に降りかかってくるものです。備えあれば憂いなしといいます。

独身の方は自分のために、または将来の家族のために、家族がいる方は収入をもとに住宅や教育費の支出について計画して生活されていることと思います。収入と支出のバランスは安定して穏やかな状態であるといえます。

今回は働けなくなり、収支のバランスが崩れてしまった場合に役に立つ保険をご紹介します。


給与サポートの特徴

突然働けなくなり、収入が減少、もしくは途絶えてしまったらどうなるのでしょう。収入に関係なく食費や家賃、公共料金などの固定費は変わらず毎日必要ですし支出は続きます。毎月の固定費以外に病院への入院費や通院などの治療費などの新たな支出として家計から出ていくようになると、突然加計の収支のバランスは崩れてしまうのです。

これがいつまで続くかわからないとなると不安で、落ち着いて治療を受けることができなくなることもあるのではないでしょうか?

給与サポート保険は病気やケガ(精神障害や妊娠、出産などは除く)で働けなくなり、収入が減少したり途絶えたりなどの働くことが不可能な状態が60日以上続く場合に、61日目から毎月給付金としてお金を受け取ることができる保険です。

最近の日本の医療の進歩は目覚ましく、以前のように病院に入院しなくても在宅治療でも大丈夫なものが増えたり、医療改革などで短期入院が増えています。そのような方のためにも安心して治療に専念していただけるよう、給与サポート保険は入院中だけではなく自宅での治療の場合でも保障されるのです。

また給付予定の2回から6回を受け取っている最中に仕事復帰したとしても、最低6回の給付金を受け取ることが可能なのです。

さいごに

給与サポート保険は掛け捨てではありません。契約者が長期支給無事故支払金を受け取ることなく健康で保険期間が満了となれば、返戻金を受け取ることができます。これまでの人生を見守ってくれたお祝いとして受け取れそうですね。

もし働けなくなった時、公的保障だけで収入をカバーできないという報告があります。家のローンやお子様の教育費などは支出から外すことはできませんよね。給与サポート保険はいざというとき心強いお守りのような保険として、この機会にぜひご検討されてみてはいかがでしょうか?

医療保険カテゴリの最新記事