メディケア生命のメディフィットAなら入院も安心

メディケア生命のメディフィットAなら入院も安心

メディケア生命のメディフィットAは、基本的な保障が病気やケガによるものとされ、入院、手術、放射線治療、骨髄移植なども保障対象になる医療保険です。

入院に関する保障で気になるところが、初日から保障されるのか、また既定の日数経過していないと保障されないのか、というところですよね。これによって保障される金額も異なるため大きなポイントになるのです。


メディフィットAの入院はいつから保障?

メディケア生命のメディフィットAはの場合、入院初日から保障があることはもちろん、入院した日に退院もするという日帰り入院でも保障されるのが大きな特徴です。

また病気により入院した時の保障は60日限度か120日限度かを自分で選ぶことができます。一回の入院期間というのは、病気によって何日かかるか全く予測が出来ないことも少なくありません。大きな病院というのは、早期治療、早期退院を目指していますが、それも疾患や後遺症、リハビリなどの進行状態によって退院までに時間がかかることもあるのです。

自分の年齢や体力に自信がある人、また最低限の保障をかけておければよいという人は、入院を60日限度とするのも良いでしょう。保険料がすこし安くなるというメリットもあります。

また入院費がかかるのが心配である。万が一の備えはしておきたいという人は120日限度を選択すると良いですね。保険料は高くなりますが、入院が長くなっても安心です。

ただしこの日数が選択できるのはあくまで病気の時だけです。ケガの場合はまた異なります。ケガの場合は、1回の入院の支払い限度が60日とあらかじめ設定されているので、その入院の時の違いは理解しておくことが大切です。

入院に関しては先進医療特約や入院一時給付特約、7代生活習慣病入院特約というのをつけることも可能です。特約をいろいろとつけると保険料が高くなるのが心配という反面、保障は手厚くなるので、入院時の強い味方になってくれることでしょう。やはり病気になった時には、一番の不安が入院にかかる費用のことですよね。しっかりと費用を保障してくれる医療保険を選びたいですね。

医療保険カテゴリの最新記事