アフラックの給与サポート保険に入る条件とは?

アフラックの給与サポート保険に入る条件とは?

アフラックの給与サポート保険というのはその文字通り、給与のサポートしてくれる保険のことです。働いて毎月一定の収入を得ている人が病気になって収入を得られなくなったら、残された家族は不安になりますし、生活自体が困難になることも。特に病気やケガの治療が長引いてしまうとそれだけ負担も大きくなります。

ではこの保険には誰でも加入できるのでしょうか。加入するには条件があるのでしょうか。


給与サポートの加入条件

給与をサポートするという保険ですから、もともと収入がない、少ない人は加入することができないという条件があります。例えば専業主婦、学生、無職の人は加入できません。またアルバイトやフリーターなど収入が不安定、少ないという場合も加入することはできません。年金や資産で生活している人も定期的な収入が入るかもしれませんが、申し込みが出来ないとなっています。

収入を補う保険ですから、前年度の年収も大きなポイントになっています。どの保険でも病気の告知義務などはありますが、給与サポート保険は、やはり万が一の給与をサポートするという保険であるため収入や仕事の告知も必要条件となります。実は前年度の額面年収が150万円の以下の人は申し込みができないとなっているのです。

また年齢の条件もあります。給与サポート保険は満18~55歳(60歳満期で契約した場合)までの加入となっています。その年齢条件を満たさない場合は加入が出来ないのです。

また保険に加入しても、それ以前に発生した怪我や病気というのは保障の対象になりません。そのため加入前の状態については告知義務があるのです。申し込みをするときには、資料を請求したり代理店から連絡が来て、それから相談を受けながらコンサルティングをします。その際に告知義務というのがあるため、自分の既往歴などはしっかりと告知する必要があります。そして加入条件を満たすことが確認できたら、申し込みをすることができます。

さいごに

給与サポート保険は、万が一働けなくなった時のリスクに備える保険です。働けなくても月々の生活費は通常通りかかりますし、ローン等の支払も休むことができません。それに加えて、治療費という出費が増えるのです。

収支のバランスが崩れてしまい生活が破綻しないように備える保険が、給与サポート保険といえます。加入条件はありますが、万が一に備えたい家庭にとっては魅力的な保険といえそうです。

医療保険カテゴリの最新記事