楽天生命の医療保険にあるがん診断プラスとは

楽天生命の医療保険にあるがん診断プラスとは

日本人の死因において、男性、女性ともにトップになっているのはがんです。身近にがんで亡くなった方がいると言う方も多いのではないでしょうか。

しかし、昔と違って、医療技術が向上していることから、がんになったからと言って必ずしも死に直結するというわけでは無いのが現状です。そうした点から、生命保険に加入する際、がんにかかった場合、どうなるのか疑問に思うこともあるでしょう。


がん診断プラスとは?

がんと診断された時点で保険金が下りる保険商品が多くの会社から出されています。楽天生命にもそうした保険がありますが、特に注目されているものにがん診断プラスというものがあります。これはがんと診断されたときに、一時金で保険金を受け取れるというものです。

がんになり、お金がかかる時期に一時金で保険が出るのは良い制度だと思います。受け取れる額は、100万円、200万円、それに300万円とそれぞれレベルがありますので、必要に応じてどれに入るか判断すると良いでしょう。

がんになると治療費以外にも色々とお金がかかります。例えば、入院費や医療費以外にも病院に通う交通費、また必要な身の回りの品々などにお金が必要です。例えば治療により髪の毛が抜けてしまった場合などはカツラが必要ですが、そうした直接医療とは関係ない費用も必要になるものです。

また、仕事ができないことから、収入が激減してしまうという事態もあるかもしれません。そうした事態になってから困っても遅いわけです。がんは誰にでもなる可能性がある病気です。ですから、そんな万が一の事態を想定して保険に入っておくのは賢い選択だと言えるでしょう。

がんの種類によっては高額な費用がかかる先端治療を受ける必要があるかもしれません。そんな場合でも先端医療特約に入っておけば、高額な費用の負担をカバーしてもらうことができます。このように、通常の医療保険にプラスしてガンに特化した保険にも加入しておけばより安心感が増すと思います。

医療保険カテゴリの最新記事