アフラックの給与サポート保険のデメリットとは?

アフラックの給与サポート保険のデメリットとは?

就業不能状態になっていた時に役立つと期待されるのが、アメリカンファミリー保険会社のアフラックが売り出している給与サポート保険です。CMでもかなり話題を呼びましたね。

今回は給与サポート保険のデメリットについて紹介します。


給与サポートの特徴

この保険は怪我や病気で就業不能状態になった時、入院ではなく自宅での療養であっても、毎月の給料のように回復支援金を受け取ることができます。

回復支援金は短期と長期に分かれており、2段階で給付金額を設定できるのが特徴です。これは、働けなくなった場合に傷病手当金が受け取れることを考慮し、最初の1年6ヶ月間は金額を低く設定することが可能なのです。

給与竿ポートは働けなくなった場合に給付されますが、万が一治療が長引かず長期回復支援金を受け取らず満期を迎えると、満期金として長期回復支援金として設定していた金額の1回分が受け取れるのも大きな特徴といえるでしょう。

給与サポートのデメリット

給与サポートのは怪我や病気で就業不能状態になった時給付してくれるというもので、自分が働かないと収入が途端に途絶えてしまう自営業の方などにはかなり大きなメリットがあるように思えます。治療費は健康保険や民間の医療保険などで支払うことが出来ても、生活するにはその他多くのお金がかかりますから、それにあてることが出来るのは助かるでしょう。

しかしどんな商品でもメリットがあればデメリットもあります。

まずは、免責期間があるということです。怪我や病気などで治療を開始して、最初の60日間は給付金の支払いがありません。つまり約2ヶ月で退院してしまい、その後会社に復帰できた場合などは全く支払われないことになります。

次に免責の60日間を超えて就業不能状態になってしまった時には、まずは短期回復支援金として生存していれば、仮に仕事復帰できたとしても半年間毎月お金が必ず給付されます。しかし免責期間中もそして短期回復支援金を受け取っている間も毎月の保険料は支払うことが必要です。

自営業の方で収入が完全に途絶えてしまった方が免責期間の間にも保険料だけは絶えずに支払うことが出来るかどうかは人によりますが、難しい人も中にはいるでしょう。保険料が支払えない場合、その後も就業不能状態が続いても給付金は全くもらえなくなります。お金に困った時のための保険で、そもそもその保険料が払えないので失効する可能性があるというのはデメリットでしょう。

そして最後に、就業不能状態という中には精神疾患や妊娠・出産は含まれません。重度でなくても精神疾患になって就業不能になることも世の中にはたくさんありますが、この場合には給与サポート保険は使えないと知っておかなければなりません。そして妊娠・出産は自然のことですので病気とは認められず、これも除外になります。

さいごに

保険は安心を準備するものですが、デメリットも必ずあります。良い面ばかりみて加入してしまうと、後々後悔することになり兼ねません。デメリットを知った上で加入を検討するようにしましょうね。

医療保険カテゴリの最新記事