楽天生命ピンポイントのメリットとデメリット

楽天生命ピンポイントのメリットとデメリット

楽天生命のピンポイントは、その名のとおり対象となる補償を絞って加入する無駄のない保険です。具体的には先進医療の保障と入院時の保障について備えられる保険です。

今回は楽天生命のピンポイントという商品について紹介します。


ピンポイントのメリット

ピンポイントのメリットは、保障内容が限定的なかわりに保険料も抑えられていて気軽に加入できることです。この保険だけで将来の医療行為に対して幅広く備えるのは難しいですが、現在もうすでに他社の医療保険に入っている場合など、気になったところだけ、オーダーメイド的に保障を付けたい方にピッタリの保険です。

この保険は、入院にかかる費用を支援してくれる保険でもあり、1泊2日以上の入院で10万円の一時金が受け取れます。また特約として先進医療特約と指定代理請求特約が付けられます。先進医療特約は、公的な保険では適用されない先進的な治療に対する費用に対して保障されるもので主契約に少額で追加できます。

指定代理請求特約というのは、被保険者が植物状態になるなど自分で保険の申請ができない場合や家族にだけ余命宣告が場合に、本人に代わって保険を申請できる制度です。こちらの特約に関しては無料で付けられますのでとりあえずつけておくとよいでしょう。

 

ピンポイントのデメリット

この保険のデメリットとしては、1泊2日以上の入院が対象となりますので、日帰りですと保険は受け取れません。しかしながら日帰りですむ程度のケガや病気であれば、仕事などにも支障がないことがほとんどですので保障が適用されない程度でよかったと考えることもできます。

また、注意点としては主契約の保険料については、一生涯変わりませんが、先進医療特約については10年後ごとに更新がありますので、先進医療特約を目的に加入する場合には、特約も合わせた保険料は変わっていくことをよく理解した上で加入することが大切です。

保険商品には複雑な商品も多くありますが、この商品は「1泊以上入院したら10万円」と保障内容がとても理解しやすい点が良いところだと言えますね。

医療保険カテゴリの最新記事