出産に備えるおすすめの医療保険!自然分娩は対象外?

出産に備えるおすすめの医療保険!自然分娩は対象外?

出産には思った以上にお金がかかります。国からの助成がありその範囲内で収まる人は少ないようです。自然分娩であれば医療保険は使えないことが多いですが、異常分娩であれば医療保険が適用になり給付を受けることができますよ。

まずは自分がどんな医療保険に加入しているのか確認してみる必要があります。


出産前に医療保険を確認しよう

出産を迎えるにあたって、まず自分がどんな医療保険に加入しているか確認する必要があります。もし加入していないようであれば、妊娠27週までは一般の医療保険に加入が可能ですので加入をおすすめします。

既に医療保険に加入されている場合は、どんな出産をした場合医療保険が使えるのかを調べておくと良いですね。医療保険では基本、自然分娩であれば給付金は受け取れず、異常分娩であれば給付金が受け取れるケースが多いです。

異常分娩とは下記のような場合です。

  • 帝王切開
  • 切迫早産
  • 切迫流産
  • 子宮頸管無力症
  • 吸引分娩
  • 早期破水
  • 子宮外妊娠
  • 前置胎盤
  • 妊娠中毒症
  • 死産など

退院時に受け取る領収書に、健康保険適用の欄に入院・手術としての項目があれば基本医療保険の対象となります。念のため保険会社に確認しておくと安心です。

おすすめの医療保険

万が一医療保険に加入していない場合は、妊娠27週までに加入しましょう。ただしその場合、今回の妊娠でトラブルがあり入院した場合や、異常分娩を行っても医療保険から給付されません。給付されないという条件付きでの加入となります。

条件がつくなら出産後に医療保険に加入した方がよいのではないか、と思われるかもしれませんね。今回の出産が自然分娩であれば出産後でも構いませんが、異常分娩だった場合5年間は先程述べたような条件付きの加入となります。

自然分娩になると確定していれば良いのですが、何があるかわからないのが出産です。妊娠27週までに加入しておけば、今回の妊娠に関しては給付の対象外ですが、次の出産が5年以内にあってもそれは医療保険の対象となります。医療保険は出産前の妊娠27週以内に加入しておくことをおすすめします。

さいごに

妊娠すると出産一時金として42万円が受け取れます。異常分娩をした場合この金額では足りず自己負担が発生しますので、医療保険からしっかり給付を受け取りましょう。

自然分娩でも医療保険を使いたい場合、そういった保険も僅かですが存在します。医療保険に加入する目的が自然分娩に備えることでしたら、出産が終わるまではそういった医療保険で備える方法もおすすめですよ。

 

医療保険のおすすめカテゴリの最新記事