40代男性におすすめしたい医療保険とは?

40代男性におすすめしたい医療保険とは?

40代の男性が医療保険を考えるきっかけは、若いうちに加入した医療保険が更新を迎えて保険料が上がるから、という理由が非常に多いです。もう1つは、無保険だったけど急に健康に不安になる方が多いですね。

医療保険を検討するきっかけは様々ですが、加入しよう、乗り換えようと思ったときが保険を考える上で1番良いタイミングと言われています。この機会にしっかりと医療保険について考えてみましょう。


40代男性が加入するおすすめの医療保険

40代になると健康診断で指摘事項が増えてきたり、周囲の人が病気になったり、病気に対する不安が大きくなる年代です。まず医療保険を検討する場合、健康診断での指摘事項がどの程度なのかを確認する必要があります。指摘がなければ一般の医療保険に加入が可能です。

万が一、再検査や要経過観察という項目があった場合は、一般の医療保険に加入できるものの条件がつく可能性があります。例えば、「胃に関する病気は2年間保障の対象外です」などの条件です。条件は保険会社によって様々ですし、健康診断の指摘レベルによっても条件が異なってきます。もし一般の医療保険に加入できないような指摘や健康状態の場合は、緩和型の医療保険を検討する必要があります。

緩和型の医療保険しか加入できない場合は、限られた保険会社の中で加入できる保険会社を探す必要があります。

一般の医療保険に加入できる場合は、保障は最低限で構いません。特に心配な病気がある場合は特約をつけて手厚くする方法もありますが、医療保険は掛け捨ての保険ですので、使う可能性だけではなく使わない可能性も視野に入れる必要があるのです。

医療保険を使わなければ保険料を支払い続けているだけなので、最低限の保障を備えるだけで十分と考えます。

40代男性の最低限の医療保険

最低限備えるのは、「入院給付金」「手術給付金」「先進医療」です。これさえ備えておけば、万が一入院しても手術を受けても、先進医療を受けて多額の医療費がかかっても給付を受けることが可能です。先進医療に関しては、2,000万円を上限として支払った全額が給付の対象となります。

入院給付金や手術給付金が足りなくて自己負担があったとしても、高額療養費制度が適用となりある一定以上の医療費を支払わなくて良いことになっています。

自己負担を避けるためには保障を手厚くする必要があり、月々の支払いが多くなります。使うかどうかわからないけれど月々の負担を増やして自己負担を極力減らすか、月々の支払いを抑えて万が一入院した時に自己負担で賄うか、どちらを選択するかはお好みです。

さいごに

40代男性であれば家族や両親にかかる負担を考えて保障を手厚くしなければならないと思われがちですが、医療保険は最低限で十分です。掛け捨てである医療保険の出費を抑え、老後資金や教育費などの貯蓄にお金を回すことで、万が一の医療費の自己負担にも対応できますよね。

医療保険を考えようと思ったこのタイミングで、ぜひ良い保険を選んでくださいね。

医療保険のおすすめカテゴリの最新記事