20代の独身に選んでほしい!おすすめの医療保険とは

20代の独身に選んでほしい!おすすめの医療保険とは

20代独身の方々が「医療保険に加入しよう!」と思うきっかけはなんでしょうか?就職したから、両親に勧められたからなど、様々な理由があると思います。

医療保険は病気というリスクに備えるものですが、健康に自信があり、たとえ自分が病気になっても誰にも迷惑をかけないという考えから、保険加入しなくても大丈夫と考える人も20代には少なくありません。しかし独り身だからこそ、病気になれば収入が減るリスクは自分自身に直撃しますよね。

ですが、健康に自信があって保険を使わない可能性が高いという考えもよく理解ができます。そんな20代の独身の方々におすすめしたい医療保険をご紹介します。


20代が医療保険に加入すべき理由

20代は大学を卒業して就職したり、結婚を考えたり様々なライフスタイルの変化ある年代だと思います。ライフスタイルの変化に伴って、保険に加入したいと考える方は非常に多いですね。今までご両親が掛けてくれていた保険を見直したり、新規で加入したり、加入のきっかけは様々ですが、20代はぜひ保険に入っておいてほしいのです。

なぜなら保険料が非常に安いから。

安い保険料であれば、お財布の負担になることもなく安心を買うことができますし、万が一何かあった場合は助かりますよね。しかも、20代であれば健康体であることが多いため、選択する保険会社が増えてきます。できるだけ保険料を抑えて、病気になりにくい20代だからこそ最低限の保障だけを備えておけば良いのです。

独身の20代に選んでほしい医療保険

上記でお話したように、20代は保険会社を選び放題と言っても過言ではないほど選択肢が広がっています。タバコを吸っていない方の場合、「非喫煙割引」というのを採用している保険会社もあり、保険料が更に割安になることもあるのです。

20代独身の方々が医療保険を選ぶ際にポイントとしてほしいことは2つです。

  1. 最低限の保障
  2. 保険料

この2つを比較検討していけば良いと思います。

最低限の保障とはどういうことかというと、病気のリスクがまだ低い20代ですから特約を盛りだくさん付ける必要はないということです。最低限、「入院給付金」「手術給付金」「先進医療」が付いていれば問題ありません。

今後結婚して家族が増える時や、年齢を重ねて病気のリスクが高まった時に医療保険を見直せば良いので、それまでは入院した時と手術した時、費用がかさむ先進医療を受けた時にお金が受け取れるようにしておけば十分です。医療保険は医療技術の進歩によって日々変化していきますので、20代に限らずいずれ見直しが必要な時が訪れます。ですから、20代独身のうちは最低限の保障だけもっておけば安心です。

2つ目の保険料ですが、20代のうちは保険料が非常に安いです。しかも、上記でお話した最低限の保障であればかなりお安く抑えられることでしょう。

医療保険は掛け捨ての保険で、病気にならなければ使うことがなく保険料は払っているだけの状態です。もちろん医療保険に加入しておけば万が一があっても安心ですが、そもそも保険に入らなくても良いと考える人も少なくありません。しかし、安い保険料であればそれほど負担になることもなく保障を持つことができますので、上記の2つのポイントを念頭において加入を検討してみても良いのではないでしょうか。

独身の20代が医療保険につけるべき特約

主契約と言われる部分は上記の内容で構いませんが、おすすめできる特約があるとしたら「三大疾病払込免除」です。これは、三大疾病と言われるがんや心筋梗塞、脳梗塞になった場合、以後保険料の支払をしなくても良いという特約です。

三大疾病になると治療に時間がかかるだけではなく、治療費もかかります。そういった時に保険料の負担をなくすために作られた特約です。特約をつけると保険料が多少上がりますが、付けておいて損はない特約です。

払込免除になる要件が各社異なりますので、しっかり比較して医療保険を選ぶようにしましょうね。

まとめ

20代の独身であれば保障は最低限にして、あとは保険料比較をして納得のいく保険を選んでみてください。

保険会社は豊富にありご自身で調べても限界があると思いますので、来店型ショップに行って話を聞くのがおすすめです。上記のポイントを伝え、たくさんの保険会社を比較してもらいましょう。特約を付けることを勧めてくるかもしれませんが、そこは断っても良いと思いますし、納得できる内容でしたら付けても問題はありませんよ。

あくまでも、万が一の場合に最低限備えておくという趣旨を忘れることなく、医療保険選びをしてみてくださいね。

医療保険のおすすめカテゴリの最新記事