今回の帝王切開も対象になる?おすすめの医療保険とは

今回の帝王切開も対象になる?おすすめの医療保険とは

医療保険をどんな時に使うか考えてみると、病気や怪我で入院したときを思い浮かべるのではないでしょうか。ご想像通り、医療保険は入院や手術に備えて加入するものです。

女性の場合は妊娠中に入院した場合や、帝王切開等の手術をした場合も医療保険が適用となります。しかし、妊娠中のトラブルに関して給付金が支払われるのは、妊娠前に医療保険に加入していた場合に限られるのです。


妊娠中に加入するリスクとは

妊娠する前に医療保険に加入していれば、妊娠中に万が一入院したり、帝王切開や吸引分娩などの異常分娩が起こった場合は医療保険から給付金が支払われます。もちろん健康保険が適用になり3割負担で済むのですが、出産費用は思っているよりもかかります。異常分娩の場合は、おそらく出産一時金だけでは不足するでしょう。

自己負担をできるだけ減らすためにも妊娠前に医療保険に加入しておけば、どんな自体になっても費用のことを気にせずに出産に臨めるのではないでしょうか。

しかし、医療保険に加入していなければ、帝王切開で出産しても医療保険から給付を受け取ることができません。給付を受け取ることなく帝王切開の手術費用を支払わなければなりませんので、負担が大きくなります。

では妊娠がわかってから医療保険に加入すれば良いと思う方もいるかもしれませんが、妊娠がわかってからの加入は制限されています。そもそも加入できない医療保険もありますし、加入できても今回の妊娠で入院や手術をしても給付が受けられないという、条件付きの加入となるのです。

いくら健康に自信があっても妊娠中は何があるかわかりません。妊娠中のリスクを考えると、医療保険は妊娠前に加入しておくことをおすすめします。

保険未加入の女性におすすめしたい医療保険

妊娠前に加入することをおすすめしていますが、万が一妊娠が先にわかってしまった場合どうしたら良いのでしょうか。1つは出産後に加入する方法があるのですが、今回の妊娠で入院や異常分娩だった場合は出産後に加入しても、子宮や卵巣などに関する入院や手術をしても5年間は支払いの対象外になってしまうのです。5年間のうちに次の妊娠をして帝王切開した場合も支払対象外となってしまうので、できれば妊娠がわかったらすぐに医療保険に加入しましょう。

妊娠中に医療保険に加入すると今回の妊娠に関する入院や手術は対象外ですが、今回だけに条件がついている形ですので、今後のリスクを考えるのであれば早いうちに加入するのがおすすめです。

そして、今回の帝王切開等の異常分娩に備えるために、1年間だけ医療保険を二重にかけるのです。妊娠28週目までであれば、今回の帝王切開等の異常分娩や緊急手術でも給付が受けられる医療保険があります。保険期間が1年間しかない保険ですから、今回の妊娠に関してはこの保険で万が一に備えることができます。

二重に保険に加入すると保険料が心配だと思いますが、家族で安心して出産を迎えるためにも良い方法だと思います。

さいごに

保険期間が1年間の医療保険はあくまでの今回の妊娠のみに備えるものとして加入し、一般の医療保険は出産後の病気や怪我に備えるというイメージです。出産は何が起こるかわかりませんから、しっかり今回の出産も医療保険でカバーできるようにしておきたいですね。

保険期間が1年の医療保険は、1年後に解約しなければ保険料が年々上がっていきます。出産が終わった時点で解約するのを忘れないようにしましょう。

医療保険のおすすめカテゴリの最新記事