60代は終身払がおすすめ?医療保険の選び方とは

60代は終身払がおすすめ?医療保険の選び方とは

60代になると健康に対して不安を抱える方が多いように思います。何かしら薬を飲んでいたり、健康診断で指摘を受けたりすることもあるのではないでしょうか。万が一病気になってしまった場合や、怪我で入院してしまった場合に役に立つのが医療保険です。

若い頃に比べて60代になると保険料は高くなりますが、病気のリスクが高まる分医療保険を使う確率も高くなりますよね。

今回は60代におすすめしたい医療保険をご紹介します。


60代におすすめの医療保険

60代になると様々な病気のリスクが高くなり、気になる病気は人それぞれ異なると思います。がん家系であればがんでしょうし、脳や心臓などの疾患が多ければその部分を備えたいですよね。

医療保険でこのような病気に備えるためには、最低限「入院給付金」「手術給付金」「先進医療」が必要です。これらの3つは病気を限定することなく、ほとんどの病気や怪我に対して給付金を受け取れる保障です。

医療保険は、どんな病気や怪我でも対応できる点がメリットなのです。ですから、がんや心疾患、脳血管疾患のみに限定することなく、医療保険で備えておくことがおすすめです。

上記の3つの保障さえあれば最低限の保障があり安心ですが、万が一認知症が心配だったり、介護に備えたいという場合は不十分です。これらの場合は、認知症や介護の特約がある保険会社を選ぶようにしましょう。

医療保険は終身払がおすすめ?

60代になると保険料がどうしても高くなります。予算に見合わず加入を見送る方も中にはいらっしゃいます。これから年金生活になるという時に、保険料が負担になってしまっては保険の意味がありません。

保険料を抑えるためには、保険の保障内容は最低限にすることと、支払いを終身払にしてみましょう。短期払といって、70歳までや加入から10年間で保険料を支払い終えてしまう方法がありますが、一生分の保険料を数年間で払うことになるので割高です。

終身払にすることで保険料を割安にすることが可能です。また、三大疾病払込免除特約をつけることをおすすめします。これは、三大疾病になった場合以後の保険料を支払う必要がなくなり、保障だけ一生涯続けることができる特約です。特約をつけることで若干保険料は高くなりますが、がん、脳卒中、心筋梗塞になる確率が60代では高くなりますから、この特約を付けるのがおすすめです。

60代で短期払を選択される場合は、支払いを終えるまでに三大疾病になるかどうかを考え、三大疾病払込免除特約を付加するか検討しましょう。払い込んでいる間に三大疾病にかかれば特約をつける意味はありますが、払込が終わったあとに三大疾病になっても払込免除にはならないからです。短期払で月々の負担が大きい上、三大疾病払込免除を付けて保険料を高くするのは負担が大きいような気がします。

さいごに

60代だからといって、特約たくさん付けて医療保険をもつ必要はありません。どんな病気や怪我でも、最低限保障される医療保険であれば、少なからず保険会社から給付を受けることができます。

もしがんや心筋梗塞、脳卒中に備えたい場合は、がん保険や三大疾病保険を検討した方が、保障を幅広く持つことができますよ。

医療保険のおすすめカテゴリの最新記事