医療保険は妊娠前の見直しがおすすめ!

医療保険は妊娠前の見直しがおすすめ!

保険見直しのきっかけとなるのは、ライフスタイルの変化だと思います。就職や結婚、出産などを機に今の保障内容で良いのかどうか、考えるチャンスなのです。特に女性は妊娠前のタイミングで保険の見直しをするべきです。

妊娠前に加入すべき理由をしっかりと把握し、計画的加入して妊娠する、という流れにできればベストですね。


妊娠前に医療保険を見直すわけ

妊娠がわかってから保険に加入しようと思っても加入できなことがあります。妊娠中はトラブルが付きものですから、そのリスクを抱えた女性を加入させることは保険会社にとってデメリットだからです。もし加入できたとしても出産に関する疾病は数年間保障の対象外になってしまいます。

例えば妊娠高血圧症候群で入院したり、出産時に帝王切開になっても入院給付金や手術給付金が受け取れません。妊娠中のトラブルに対応するためには、妊娠前に医療保険に加入することが大切なのです。

おすすめの医療保険とは

妊娠前に保険に加入する場合、必要な保障内容は「入院給付金」「手術給付金」「先進医療」が付加されている医療保険がおすすめです。基本的に医療保険であれば、この3つは最低限付加されているので心配ありません。

医療保険は最低限の保障さえもっていれば、万が一入院しても手術をしても給付金を受け取ることができるので、妊娠前だからといって特別に特約をつけたり、基本給付金額を上げる必要はないのです。

3つ以外の主契約の保障内容を見比べたり、保険料を比較して気に入った保険に加入すると良いですね。

女性特有の特約は必要?

妊娠をきっかけに女性特有の病気に気づくことも少なくありません。その自体に備えて、女性特有の病気に対して給付金を上乗せする特約があります。付加したほうが良いのか悩まれる方が非常に多いのですが、結論から言うとあまり必要ないと思います。

保険はあくまでも万が一に備えるものであって、起こらないかもしれないことに高い保険料を支払う必要はないのです。医療保険は掛け捨ての保険ですから、使わなければ保険料を支払っているだけです。

妊娠を機に女性特有の病気が見つかって入院や手術をしたとしても、それは医療保険で最低限備える「入院給付金」「手術給付金」「先進医療」で対応できるからです。女性特有の病気に対する上乗せがあれば受け取れる金額が増えますが、足りない分は預貯金から出した方が、使わないかも知れない保険料を毎月支払うより低価格で抑えられると思います。

さいごに

既に加入中の医療保険がある場合でも、妊娠前には1度見直すことをおすすめします。昔加入した保険は、入院給付金が5日以上入院しなければ給付の対象外になっていることがあります。仮に帝王切開で出産した場合、入院が10日でも5日経ってからが給付対象となるため、残りの5日分しか給付されない可能性があるのです。

現状の商品の多くは、日帰りから対象になるところが多くなっているため、見直しをおすすめします。

医療保険のおすすめカテゴリの最新記事