医療保険とがん保険はどちらがおすすめ?人気はどっっち?

医療保険とがん保険はどちらがおすすめ?人気はどっっち?

医療保険とともに人気がある保険は、がん保険です。2人に1人ががんになる時代ですから、その需要は伸びてきて当然です。がんになってしまった場合治療が長引くことが想定されるため、がん保険は長引く治療にしっかりと備えられるものを選ぶ必要があります。

今のがん治療の現状をしっかりと見極め、加入する保険会社を選びたいものです。


医療保険とがん保険、どちらがおすすめ?

がんに関する備えは医療保険の特約という形でもできますが、医療保険とがん保険をダブルで加入する方法をおすすめしています。

保険会社にはそれぞれ得意、不得意があります。医療保険に優れている会社もあれば、がん保険に優れている会社もあるのです。2つ加入することで保険料も抑えられ、保障をほぼダブらせることなく幅広い保障をもつことができます。また、医療保険では受け取れない給付金をがん保険では受け取ることができ、治療費が嵩むがんにかかった場合は医療保険とがん保険でカバーすることができるのです。

おすすめのがん保険

がんの治療は通院で行うことが多くなりました。昔のようにがんと診断されたらすぐに入院して治療をするのではなく、通院でがん細胞を小さくしてから入院し手術を受けます。そして退院して通院で治療を続けるのが一般的です。

今現在がんの3大治療と言われているのは、「抗がん剤・ホルモン剤治療」「放射線治療」「手術」です。抗がん剤、ホルモン剤、放射線治療は通院で行うことが多いため、通院治療が対象の保険に加入するのがおすすめです。通院治療が無制限で保障されるのか、日数が決まっているのかもしっかりとチェックし、長引く治療に備えるため無制限で保障される方が良いですね。

ただし、がんの治療方法はどんどん変わっていきます。10年後に今の3大治療が続いているかどうかはわかりません。そうなった場合でも給付金を受け取るためには、がんと診断されたら一時金を受け取るタイプの保険に加入するのもおすすめです。先程の通院治療とがん診断の両方を備えた保険、もしくは一時金のみを受け取る保険、2つのタイプがありますので検討してみましょう。

さいごに

医療保険に加入している場合、がん保険で備えるのは最低限の通院と一時金で良いと思います。なぜなら、がんで入院したり手術を受けた場合は、医療保険からしっかり給付が受けられるからです。

保障をダブらせるとその分保険料が高くなります。医療保険では受け取れない、空白の部分の保障をがん保険でもつのがおすすめなのです。

医療保険のおすすめカテゴリの最新記事