医療保険のがん特約は必要?おすすめはある?

医療保険のがん特約は必要?おすすめはある?

2人に1人ががんになる時代と言われていることから、がん保険を検討する方が非常に多くなりました。がんになった場合治療に長い期間を要しますので、治療費が負担になってしまいます。家族への負担も大きくなりますので、保険で備えるのは良い方法だと思います。

がん保険が注目されるようになり、保険会社も良い商品を続々と販売している状況です。しかし、医療保険とがん保険を別々に加入することに対して抵抗がある方も多く、医療保険の特約として付加する方が目立ちます。


がん特約のおすすめとは?

がん特約には種類があり、どれを付加したら良いのかわからないですよね。どれが正解というのはないのですが、おすすめしたいのは2つです。

1つは「がん診断給付金」です。この特約は、がんと診断された場合に50万円や100万円など、設定した金額を受け取ることができます。万が一診断されたがんの治療が長引いた場合、1~2年後にそのがんで入院すると再度給付が受けられるのが特徴です。このタイプの特約は、その時々の治療方法に左右されることなく確実に受取ることができるのでおすすめです。ただし、大きな給付金を受け取ることができる分保険料は高めです。

2つ目は「通院でも受け取れる特約」です。一昔前はがんと診断されれば入院して治療を開始していましたが、現在は通院で放射線治療などを行いがん細胞を小さくしてから入院する、という方法が主流です。特約でがんに備える場合、入院しなければ給付が受けられない特約の場合、給付を受け取れない可能性がでてきてしまいます。通院で治療をしても給付を受け取れる特約を選びましょう。

がん特約は役に立つ?

がんに備える方法は、医療保険に付加する方法とがん保険を医療保険とは別に加入する方法です。2つの保険会社や2種類の保険をもつことに抵抗があるかもしれませんが、実は別々に加入した方がメリットがあります。

保険会社というのは、医療保険を得意とする会社もあれば、がん保険を得意とする会社もあります。得意分野ということは、保障内容もよく保険料も抑えられている可能性が高いのです。

また、医療保険の特約としてがんに備えた場合は、入院しなければ給付が受けられないことが多いのですが、がん保険単体に加入すると通院でも給付が受けられる可能性が高くなります。つまり、がん保険を別に加入した方が医療保険と保障がダブることなく備えることができ、「医療保険+特約」よりも「医療保険+がん保険」の方が保障内容を幅広く備えることができます。

さいごに

がん家系ではないし、日頃から健康に気を使っている方の場合は、医療保険にがんの特約を付加する形で念のため備えておく方法でも良いかもしれません。

しかし2人1人ががんになる時代ですし、がんになっても死亡しない確率が高くなりました。つまり治療に時間がかかるということです。医療保険の特約だけでは、長いがん治療には耐えられない可能性があります。

がん特約を検討している場合は、1度がん保険も視野に入れて検討してみることをおすすめします。

医療保険のおすすめカテゴリの最新記事