緩和型医療保険は5年後の見直しがおすすめ?

緩和型医療保険は5年後の見直しがおすすめ?

「持病があっても大丈夫」

CMでこのフレーズを耳にしたことがあるかもしれません。保険には、持病があっても加入できる緩和型の医療保険というのがあります。

加入の条件は、各保険会社のパンフレットの1ページ目にある、3~5個の告知事項で「いいえ」が選択できれば加入できる保険です。


緩和型医療保険の告知事項

保険会社によって告知内容は様々です。

例えば

  • 3カ月以内に入院・手術・検査のいずれかを勧められた。
  • 2年以内に別途定める病気で入院したことがある。
  • 2年以内に糖尿病で入院したことがある。また、糖尿病の合併症で医師の診察・検査・治療・投薬のいずれか受けたことがある。
  • 5年以内に別途定める病気や異常で入院したことがある。また、医師の診察・検査・治療・投薬のいずれかを受けたことがある。

このような内容です。

この質問事項に「いいえ」と答えられれば加入できる可能性が高いですね。告知の厳しさは各保険会社異なりますのでしっかりと比較しましょう。

緩和型医療保険のおすすめは?

緩和型医療保険は普通の医療保険と比べて、保険料が割高です。

元々病気を抱えた方が加入できる保険なので、今後病気にかかるリスクが健康な人に比べて高いという点で、保険料が高くなっているのです。そして、緩和型医療保険が一般の医療保険と異なる点は、加入から1年間保障内容が削減されるという点です。

詳しく説明すると、普通の医療保険は入院すると1日につき5,000円が受け取れたり、手術をすると20万円が受け取れたりします。しかし緩和型の医療保険は、加入から1年間(保険会社によって異なる)は、入院しても1日につき2,500円、手術を受けても10万円など、保障内容が削減されるのです。中にはこの削減を設けていない保険会社もありますが、その分保険料はさらに割高と考えて良いでしょう。

緩和型の医療保険に加入する方におすすめしたいことは、今は加入できる保険に入っておくことです。そして、病気が完治してから5年以上経った時、緩和型の医療保険を見直すことをぜひおすすめしたいのです。

普通の医療保険は病気が完治してから5年以上経っていれば、無条件、もしくは部位不担保といい病気したことある部位だけに条件をつけて加入できることがあります。普通の医療保険に加入できれば保険料はかなり抑えることができます。

病気が完治することが条件ですから、全ての人に当てはまることではありませんが、おすすめとしては5年後の見直しです。検討してみてくださいね。

さいごに

緩和型の医療保険は、どうしても保障内容を比較するというより、告知事項に該当せず加入できる保険会社を探すことがメインになってしまいます。

しかし保険会社によっては、緩和型の医療保険でも病気をしなければ1年毎に保険料が下っていき、5年後には普通の医療保険に比べて保険料が安くなるように設定している保険もあります。このように、他社にはないような工夫をしている保険会社もありますので比較してみましょうね。

医療保険のおすすめカテゴリの最新記事