50代におすすめしたい医療保険とは?払込期間に注目しよう

50代におすすめしたい医療保険とは?払込期間に注目しよう

50代で医療保険を考える場合、多くの方々が保険料が高くなるので見直したいという方が多いような気がします。若い頃に死亡保険と医療保険がセットになっいる、パッケージ商品という保険に加入し、40代で1度更新を迎え、50代では2度目の更新を迎える。

この時、保険料が高すぎて驚かれる方が多いのです。


50代におすすめできる医療保険

50代で持病がない場合一般の医療保険に入ることがでますし、持病があっても内容によっては緩和型の医療保険に加入することが可能です。一般の医療保険でも緩和型の医療保険でも、基本的に備えておきたい保障内容は同じです。

最低限、「入院給付金」「手術給付金」「先進医療」があれば医療保険としての役割を果たしてくれます。

ただ、50代になると思っていたより保険料が高いとおっしゃる方が多いですね。保険料は病気になるリスクを年齢別に判定し決定されているため、年齢が高くなるに連れて保険料は当然高くなります。

おすすめの加入の仕方としては、保険料の払込期間を終身払にすることです。保険料は短期払といい、60歳や65歳までに払いきってしまい保障だけ一生涯持つことができるのですが、50代で加入し65歳までに払いきろうとすると、一生分の保険料を15年で払いきらなければならないのです。当然保険料が高くなりますので、終身払という方法を選択すると良いですね。

定年を迎えて収入が減るリスクを考えて、少し高くても払込期間を短期で選択することも可能です。どちらにするかは、保険料を比較してみましょう。

他社比較を忘れない

保険会社によっては、40代や50代の女性が他社と比べて保険料を安く設定しいる保険会社もあります。それは、各保険会社がどの世代に力を入れているかという方針などによって、40代50代に安い保険料で保障を提供しているのです。

ですから、保険料の比較をしっかり行いましょう。

さいごに

若い人が保険料が安く設定されているのは当然ですが、保険会社にはそれぞれ得意、不得意があります。どこに力を入れるかもそれぞれです。

50代でも加入できる保険会社が豊富にありますので、おすすめポイントを抑えてしっかりと比較を行いましょうね。

医療保険のおすすめカテゴリの最新記事