女性におすすめしたい医療保険!どの保障に上乗せが必要?

女性におすすめしたい医療保険!どの保障に上乗せが必要?

男性より女性の方が保険に対して興味があり、考えている人が多いような気がします。それは自分が病気になった時のリスクを考え、安心を準備しておきたいと思う人が多いからではないでしょうか。

また、芸能人が病気になったというニュースを聞くと、自分に置き換えて考えてしまう方も多いからだと思っています。女性特有の病気は結構厄介で、治療に時間がかかったり、治療費がかかったりとリスクが大きいことが想定できますね。

今回は女性におすすめの医療保険を紹介します。


女性疾病に上乗せできる医療保険を選ぶ

保険会社が宣伝している女性のための医療保険というのは、大抵一般の医療保険に上乗せする形がほとんどです。

どういう事かというと、「入院したら1日につき5,000円受け取れる」というのは一般の医療保険です。この入院の原因が女性疾病に関するものだった場合、「入院給付金は1日につき5,000円上乗せします」というのが女性のための医療保険です。

例えば子宮頸がんで入院した場合、一般の医療保険では1日につき5,000円しか受け取れませんが、女性のための医療保険に加入していれば1日につき10,000円受け取れることになります。

この上乗せが主契約でできる医療保険もあれば、今加入されている医療保険に特約として付けることも可能です。もし女性特有の病気が気になる場合は、女性疾病に対して上乗せができる保険会社を選びましょう。

女性疾病に対してどんな保障を受けたい?

女性疾病に対して上乗せできる保険会社は多くあります。選ぶポイントとしては、心配な病気が対象となっているかどうかです。

例えばバセドウ病や貧血、低血圧など、男性の疾患でもありますが、どちらかというと女性の方が多い病気ですとか、子宮頸や乳房系など女性だけの疾患が含まれているか確認することが必要です。

気になる病気が含まれている医療保険があれば、次に比較するポイントは「何で給付を受けたいか」という部分です。例えば女性疾病で入院した時だけ上乗せされればよいのか、それとも手術や通院などの上乗せもほしいのか、ということです。

これによって選ぶ保険会社が大きく変わります。どこまでの範囲で上乗せしたいか、しっかり考えてみると良いでしょう。

さいごに

女性のための医療保険は多く存在しますが、気になる病気に対してしっかり備えられていなければ意味がありません。保障の範囲とをしっかり確認しましょう。

ただし、女性の病気が気になるとは言っても「女性特有のがん」が気になる方は、がん保険を検討された方が良いと思います。なぜなら、女性のための医療保険はあくまでも一般の医療保険に上乗せでしかありません。それであれば、がん保険で備えた方が保障内容を広く持つことができます。

まずはどんな病気に備えたいかをしっかり把握し、それにあった保険を選ぶようにしましょうね。

医療保険のおすすめカテゴリの最新記事