持病はある?ない?40代におすすめしたい医療保険とは

持病はある?ない?40代におすすめしたい医療保険とは


40代で保険に加入しようと思うきっかけは、一体どんなことでしょうか?例えば友人が病気になったとか、健康診断で数値が悪かったとか、そういった健康面の心配が出てきて、保険の見直しや新規加入を考える人が多いように思います。

女性は特に、40代になると乳がんなどの女性特有の病気になるリスクが高まりますね。持病をもっていれば選べる保険や保障内容が限られてしまいますが、持病の内容によっては普通の医療保険に加入が可能となります。

できれば健康なうちに、保険を見直しておくと安心です。


持病がある40代が医療保険を選ぶポイント

医療保険は、持病があるかないかで大きく変わります。持病があったり直近で病気をされた方の場合は、緩和型の医療保険に加入しなければなりません。

緩和型の医療保険は一般の医療保険より若干割高ですが、今後の病気のことも考えて加入をおすすめします。

保障内容は「入院給付金」「手術給付金」「先進医療」のみということが多く、特約やその他の保障が付いていないことも多いです。各保険会社によって保障内容や保険料が大きく違いますから、よく内容を見比べてみましょう。

20代や30代と同じで、保障内容は最低限「入院給付金」「手術給付金」「先進医療」があれば問題ありません。そこに、気になる特約や今後のために備えておきたい部分が手厚くなる保険会社を選ぶと良いですね。

そして、緩和型の医療保険に加入された方は、5年後くらいに見直しを検討しましょう。なぜなら、医療保険は持病が完治して5年経っていれば一般の医療保険に加入できる可能性があるからです。

普通の医療保険の方が保険料が安いので、完治が条件にはなりますが見直しされると良いと思います。

持病がない、完治している40代が選ぶ医療保険

持病がなかったり、持病が完治して数年経っている40代の方は一般の医療保険に加入できます。ただし、病気の種類や完治から何年経っているかによって、一般の医療保険に部位不担保が付く場合があります。

部位不担保とは、例えば胃のポリープを2年前に切除し完治してる人の場合、胃という部位だけは◯年間保障の対象外となります、という条件のことをいいます。健康な方より1度経験された方は病気が再発する可能性があり、みな平等に保険に加入できるように設定されている条件です。この条件は各保険会社によってまちまちですから、1番条件が緩い保険会社を選びましょう。

持病がない方は、「入院給付金」「手術給付金」「先進医療」が付いている医療保険で十分です。心配な病気がある場合は特約で備えても良いですし、がんや三大疾病の場合はそれに注力された保険に別途加入することをおすすめします。

さいごに

40代になると病気のリスクが高まります。医療保険を選ぶ際は、「三大疾病払込免除特約」を付けましょう。この特約は、三大疾病になってしまった場合以後の保険料は支払わなくて良くなり、保障だけ続けることができるものです。

万が一病気になった場合の保険料の負担を考えると、このような特約を付けておくメリットは十分にあると思いますよ。

医療保険のおすすめカテゴリの最新記事