結婚したら選んでほしい!30代におすすめの医療保険

結婚したら選んでほしい!30代におすすめの医療保険

30代になるとライフスタイルの変化が訪れる方が多いですね。それが就職などの一人事ではなく、家族が増え責任が大きくなるという結婚や子どもの誕生などの変化が多いのではないでしょうか。

そんな時、今まで入っていた保険で大丈夫だろうか、今まで無保険だったけど何かあったら家族に迷惑をかけてしまうのではないか、など保険について考えることがあると思います。

今回は30代や結婚を機にぜひ選んでほしい医療保険についてお話します。


30代は医療保険の上乗せで保険を考えよう!

20代や独身のうちに医療保険に加入していた場合、もしかしたらその保険はそのまま持っていて良い可能性があります。医療保険は医療技術の進歩とともに変化していっているのですが、20代の時に加入した保険が一生保険料が変わらない終身保険であり、最低限「入院給付金」「手術給付金」「先進医療」が付いている保障内容であれば、今現在見直しは必要ない可能性が高いですね。

医療保険の見直しというより、家族が増えることによって必要となる死亡保障や貯蓄に資金を回した方が良いと考えます。また、大きな病気をした時に備えるがん保険や三大疾病に対する保険など、今までの医療保険に上乗せをすると言った形で加入を検討するべきだと思います。

今やがんは2人に1人がなる時代と言われていますが、がんや三大疾病で亡くなる確率は減ってきています。「亡くならない=入院や通院などの治療費にお金がかかる時代」ですから、20代に加入した医療保険ががあるならば、このような形を検討してみましょう。

30代で新規加入、見直しが必要な方が選ぶ医療保険

今まで無保険だったり、加入している医療保険が将来的に保険料が上がっていく保険の場合は新規加入が必要となります。

まず無保険の方の場合は、最低限の医療保険に入る加入を検討されることをおすすめします。最低限とは、「入院給付金」「手術給付金」「先進医療」という保障内容があるものです。この3つさえあれば、万が一の場合少なからずお金を受け取ることができます。そして、保険料が一生上がらない終身タイプを選べば問題ないでしょう。

見直しが必要な方というのは、保険料が将来上がる保険に入っている方と「入院給付金」が最低5日以上の入院で給付が受けられる保険に加入している方だと考えています。

まず、将来的に保険料があがることがわかっているのであれば、上がる時点ではなく今現在、年齢が若いうちに見直して入り直しておく方が、一生上がらない保険料で安く乗り換えることができます。

もう1つは、昔加入した医療保険の場合、「入院したら1日につき5,000円受け取れます」という保障内容でも、「5日以上入院しなければ受け取れない」などの要件が付いている場合があります。どういう事かというと、例えば10日入院した場合6~10日目の5日分しか受け取ることができない保険です。

現在は短期入院が主流で、2~3日で退院させられることが多くなってきています。昔の保険だと、2~3日入院しただけでは入院給付金が受け取れないので、このような内容の保険に加入している方も見直しが必要です。おすすめの医療保険は新規加入の方と同様、保障は最低限でよく「入院給付金」「手術給付金」「先進医療」という保障内容があれば十分です。

さいごに

30代になって結婚や出産で家族が増えると責任が増すことが多いですが、医療保険に関しては最低限の保障さえあれば十分だと考えています。それよりは、がん保険や死亡保険など最低限の保障を幅広く持つことを考えたほうが良いと思います。

医療保険で特約を盛りだくさんにして高い保険料を払っても、万が一突然亡くなってしまった時には医療保険は役立ちません。30代という責任ある年代だからこそ、保険は最低限を幅広く持つことをおすすめしたいと思います。

医療保険のおすすめカテゴリの最新記事