女性向けの医療保険!個室希望者は上乗せが必要?

女性向けの医療保険!個室希望者は上乗せが必要?

女性は保険に対して関心が強く、自ら加入を考える人が多いように思います。ご自身で調べたり、話を聞きに行ったり、慎重に保険を検討しています。

しかし、保険は難しい用語や文章が多くあり、難しく感じる方も多くいらっしゃいます。それがきっかけで、加入を先送りしてしまう人も少なくないのです。

今回は女性向けのおすすめの医療保険をご紹介します。


女性向けの医療保険はなぜ存在するの?

一般の医療保険は誰でも加入が可能な医療保険ですが、なぜ「女性向け」はあって「男性向け」の医療保険はないのでしょうか。

なぜなら、女性は女性特有の病気にかかりやすいからです。

例えば以下のような病気です。

女性特有の病気

  • 妊娠高血圧症候群
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 卵管炎
  • 卵巣機能障害
  • 乳腺炎
  • 切迫流産

すべてのがん

  • 子宮頸がん
  • 子宮体がん
  • 卵巣がん
  • 膣がん
  • 乳がん

女性に多い病気

  • バセドウ病
  • 胆石症
  • 尿管結石
  • 甲状腺腫
  • 胆のう炎
  • ネフローゼ症候群
  • 低血圧症
  • リウマチ性多発筋痛
  • 腎う腎炎
  • 橋本病

どこかで病名を聞いたことがあったり、自分自身が現在治療中である方もいらっしゃると思います。女性特有の病気もあれば、男性でもなり得る病気もありますね。これらの病気にに対して、一般の医療保険に上乗せという形で付加するのが、女性向けの医療保険、つまり女性疾病の特約となります。

女性はホルモンバランスの影響で体調を崩し病気に発展するケースが多いですね。病気になりやすい女性は、医療保険から給付を受け取る確率も高くなります。

ですから男性向けの保険ではなく、需要が高い女性向けの医療保険が存在するのです。

女性向けの医療保険は必要?

そもそも医療保険が必要か、という疑問にぶつかると思いますが、女性は病気になりやすいことから、医療保険に加入しておくほうが安心と言えます。何かしらの病気で給付を受け取れる可能性が高いからです。

しかし、女性疾病に対する上乗せは必要かと問われれば、そこは難しいところです。なぜなら、女性向けの医療保険に加入していなくても、どんな病気や怪我でも対象となる一般の医療保険に加入していれば最低限の給付は受けられるからです。

もし女性向けの医療保険をおすすめするとしたら、個室を希望される女性です。入院すると、医療費とは別に差額ベッド代という個室の料金が加算され、これは全額自己負担となります。

入院中はどこか不調があるため、大部屋だと気を使ってしまったり、ゆっくり休めないというデメリットがあります。水回りも共有しなければならず、ストレスに感じる方もいらっしゃいます。治療に専念できるのは個室ですよね。

入院する場合個室を希望される方は、女性向けの医療保険に加入することをおすすめします。

さいごに

女性向けの医療保険ではなく、一般の医療保険の入院給付金を5,000円ではなく10,000円にして医療保険に加入する方法でも個室に対応することが可能です。

しかし、全ての病気や怪我で5,000円上乗せするより、女性疾病のみ5,000円上乗せする方が保険料的に安く抑えることができます。男性の場合はこの選択肢はありませんので、個室を希望する場合は一般の医療保険を手厚くする必要がありますが、女性は男性より安く上乗せが可能です。

女性特有の病気と限られてしまいますが、上乗せを考えている方は女性向けの医療保険で検討していくと良いですね。

医療保険のおすすめカテゴリの最新記事