子どもに医療保険は必要?加入させるべき理由とは

子どもに医療保険は必要?加入させるべき理由とは

医療保険を考えた時に、子どもには必要なのか?という疑問が浮かびます。日本は公的医療制度がかなり充実しているため、乳幼児は医療費がかからなかったり、ある程度の年齢までは数百円で医療費をまかなえてしまいます。

そのため、子どもに医療保険は不要と考える人は少なくないのです。


医療保険は子どものうちに加入するのがおすすめ?

子どもの医療保険は数多く存在し、子ども向けに作られたものから、一般の終身医療保険に子どもが加入するという形もあります。また、生存給付金や学資保険とセットになっているものや、親が亡くなった時に支払われる育英資金付きのものまであります。

子どもを医療保険に加入させる場合、シンプルに一般の終身医療保険に加入させることが多いです。保障内容は大人の医療保険と変わらず、年齢が若いため一生涯安い保険料でその保障を持つことができるからです。

小さいうちに加入させておくと、保険料の払込期間を15歳や20歳に設定して、子どもが成人する時にお祝い代わりで渡す両親も見受けられます。月々の保険料が安い上、商品によっては特約を追加したり見直しが可能なものもありますから、最低限の保障内容を付けた医療保険に加入しておくのはおすすめです。

子どもに医療保険は必要?

そもそも公的医療保険制度があるため医療費の出費は多くありません。病院へ通院する機会は多くても、入院までする病気や怪我をするケースはそこまで多くないのです。

そうなると子どもに医療保険は必要ありませんよね。しかし、各保険会社は子どもでも加入できるよう、医療保険の加入年齢を引き下げたり、子ども向けの商品を作っています。

それは、子どもが入院した時医療費や入院費は公的医療保険制度で賄うことができますが、それ以外の費用がかかるからです。小さな子どもの場合は1人で入院することができませんからお母さんが付き添いとなり、個室が必要になります。付き添い用のベッドも必要ですね。

また、お母さんが仕事を休んで付き添う場合は、その間の収入は減ります。外食が増えたり、病院と自宅の行き来で交通費もかかります。

こういった部分に充てるため、子どもの医療保険が存在するのです。ここまでお話すると、子どもに医療保険が必要な理由がおわかりいただけると思います。

さいごに

医療保険は持病があると加入することができない可能性が高くなります。子どものうちから大病する可能性もなくはありません。そういった場合、大人になっても医療保険に加入できないのです。

子どもが元気なうちに医療保険に加入すれば、保険料が安く一生涯の保障を持つことができます。医療助成の対象から外れる年齢で加入することも可能ですが、できれば子どもが誕生したタイミングで加入することをおすすめします。

医療保険のおすすめカテゴリの最新記事