夫が会社員の場合、収入保障保険はいくらに設定するべき?

夫が会社員の場合、収入保障保険はいくらに設定するべき?

収入保障保険は毎月お給料のように保険金が受け取れる保険です。保険金の設定の仕方は、月々いくらうけとりたいかという考え方で、10万円や15万円という設定になります。

今回は夫が会社員で妻が専業主婦、子どもが2人いる家庭を例にあげて、収入保障保険をいくらに設定するべきか紹介しようと思います。


収入保障保険はいくらに設定すると良い?

収入保障保険は月々10万円や15万円を受け取るように設定する方が多くいます。収入保障保険に加入する目的によって設定金額は異なるのですが、今回は夫が亡くなった場合の生活費を保険で賄うための備えとして、いくらに設定すべきかを考えようと思います。

家族構成は以下の通りとします。

  • 夫:30歳
  • 妻:30歳
  • 長男:5歳
  • 次男3歳
  • 現在の夫の収入:月30万円
  • 家賃:10万円

まず、夫が亡くなった場合国からの保障があることを忘れてはいけません。遺族年金といい、家庭の中の大黒柱が死亡すると、社会保障制度として妻が亡くなるまで受給できる制度があるのです。つまり、一家の大黒柱である夫が亡くなっても、厚生年金や国民年金を支払っていれば遺族年金が受け取れるのです。

いくらもらえるかは年収や子どもの年齢によって異なりますが、子どもが18歳になるまでは月に約15万円、子どもが18歳以上になると妻の年齢の応じて10万円から11万円が受け取れるのです。

夫が亡くなる前と亡くなった後では出費が異なってきますが、同じ生活を維持しようとすると月25万円くらいが必要です。子どもが独立し妻1人の生活になれば、15万から18万円あれば生活は可能なはずです。

これらのことを考えると、以下の表のようになります。

子どもの状況 生活費ー遺族年金 不足額
子どもが2人とも18歳未満 25万円-15万円 10万円
子どもが18歳以上で大学へ進学 25万円-10万円 15万円
子どもが2人とも独立 15万円-10万円 5万円

このように遺族年金を考慮すると、月々不足する金額は多い時で15万円、少ない時で5万円です。これを収入保障保険で備えることで、今の生活レベルを維持することができるのです。

生活費には家賃も含み計算していますので、夫が亡くなった後引っ越しを考えるのであればそれを考慮して計算する必要があります。

収入保障保険の設定額としては、10万円から15万円がベストです。子どもがどこの大学へ進学するかわかりませんのでできれば15万円を設定し、今現在から進学資金として貯金があるのであれば10万円でも良いかもしれませんね。

さいごに

今回は夫が会社員で妻が専業主婦の場合を紹介しましたが、自営業の場合は遺族年金が低くなることから同じような設定金額では生活が苦しくなります。反対に共働きの場合は、大きな保障はいらないですよね。

また、各家庭で生活費や家賃が異なりますし、ローンがあったり大学までの教育費等も計算に組み込まなければならないこともあります。各家庭のライフスタイルに合わせて、収入保障保険をいくらに設定するのかを考える必要がありますよ。無駄な保険をかけないためにも、今一度生活を見直してみてくださいね。

収入保障保険カテゴリの最新記事