共働き世帯の収入保障保険の設定金額とは?

共働き世帯の収入保障保険の設定金額とは?

収入保障保険は、被保険者が亡くなった場合に家族に毎月お給料が入ってくるような保険です。

収入保障保険の設定金額は一般的に、遺族年金を考慮して15万円から25万円に設定する家庭が多いです。被保険者である方が会社員なのか、自営業なのかによって設定金額は異なりますので、生活レベルを維持するためにいくらで設定する必要があるのかを知る必要がありますね。

では、共働きの場合はいくらに設定すると良いのでしょうか。


共働きに収入保障保険は必要か

そもそも共働きの家庭の場合、収入保障保険は必要なのでしょうか。現在は夫でも妻でも、どちらかが死亡した場合遺族年金を受け取ることができます。ですから、基本的に共働きの場合収入保障保険の必要性は低いです。

ただし、あまりにも収入が低い場合は遺族年金だけでは生活費を賄えない場合がありますので、その場合は収入保障保険が役に立ちますね。

また、妻が死亡し子どもが18歳以上になると夫は遺族年金を受け取れなくなりますので、この場合は注意が必要です。

共働きの設定金額

夫婦がそれぞれ、月に30万円以上の収入がある場合は収入保障保険は必要ありません。一方の給料だけで毎月の生活費を捻出することができるためです。

もし収入保障保険に加入を考えるとしたら、住宅購入のローンを夫婦で組んだ場合です。団体信用保険に加入していても、2人でローンを組んでいると一方が死亡しても半分のローンは残ってしまいます。そのローンの分を収入保障保険で準備することで、毎月の出費にローンが加わることはありませんので、負担が軽減されるはずです。

保険会社によって設定できる最低金額は異なりますが、5万円から設定できることが多いので、ローンを夫婦で組んでいる場合は収入保障保険を検討してみましょう。

さいごに

収入保障保険は夫婦共働きの場合、基本的に収入保障保険は必要ありません。保険は万が一が合った場合の生活を保障するもので、最低限備えておけば良いのです。

各家庭にあった保険選びをして、必要な保険を最低限備えるようにしましょうね。

収入保障保険カテゴリの最新記事