アフラックのウェイズは使いみちを選択できる保険?

アフラックのウェイズは使いみちを選択できる保険?

死亡保険と一言でいっても、定期保険や終身保険、収入保障保険など様々な形が存在します。それぞれ目的によって加入すべき保険は異なります。

その中でも終身保険は、貯蓄性があり死亡保障としての使いみちだけではないのが特徴です。今回ご紹介する、アフラックの未来の自分が決める保険WAYS(以下、ウェイズ)は貯蓄性や死亡保障だけではなく、年金や介護年金、医療保障に使いみちを変更できる保険なのです。


ウェイズの特徴

ウェイズはまずは死亡保障として加入する終身保険です。働き盛りの時期に万が一が起こった場合、死亡保険金として設定した金額を家族が受け取ることができます。

その後、将来のニーズに合わせてコースを選択します。1つはコースを変更せず死亡保障をそのまま継続する方法。この場合は、終身に渡って加入時に設定した死亡保障を受け取ることができます。

コースを変更する場合は、年金コース、介護年金コース、医療保障コースのうち、どれか1つを選択します。

年金コースは、保険料払込期間が満了すると、何歳でも年金コースに変更が可能です。このコースは老後資金に充てるためのもので、解約返戻金を原資として年金形式で受け取ります。

介護年金コースは、保障移行可能年齢(60歳、65歳、70歳)の2年前に送付されてくる事前案内で選択することが可能です。公的介護保険の認定を受けると、解約返戻金を原資として介護年金として受け取ることができます。

医療保障コースは介護年金コースと同様、保障移行可能年齢(60歳、65歳、70歳)の2年前に送付されてくる事前案内で選択することが可能です。健康状態に関わらず、一生涯の医療保障をもつことができます。入院、手術、放射線治療、先進医療を行った場合、所定の給付金が受け取ることができ、5年毎に2回、健康祝い金も受け取れます。死亡保障もついているのが特徴です。

ウェイズは将来どのコースを選べば良い?

ウェイズの特徴として、終身保険ですからどのコースを選んでも掛け捨てではない点はポイントです。どのコースに変更しても、解約返戻金を何らかの形で受け取れるからですね。

ただし、介護年金コースと医療保障コースは2年前に希望しておかなければ変更ができません。直近で変更可能にしてしまうと、保険会社として支払いのリスクが高まってしまうからです。また、介護年金コースに関しては介護状態にならなければ受け取れないというデメリットもあります。

以上のことを考えると、死亡保障をそのまま継続するか、年金コースへ移行するか、どちらかの選択がおすすめできます。

さいごに

ウェイズの魅力は、現段階で急いで使いみちを決断しなくても良い所です。現役世代の時はしっかり死亡保障を持ち、将来自分の状況に応じて選択が可能です。

保険料の払込は、60歳、65歳、70歳から選択が可能ですので、年金生活になる前に支払を終えたければ60歳や65歳を選択し、月々の負担を減らしたければ70歳を選択するなど、予算に応じた対応ができます。

 

 

ただしウェイズは料率改定があったため保険料はかなり高くなり、返戻率そのものが悪くなってしまいました。終身保険は貯蓄性があることがメリットですので、他社の返戻率としっかりと比較したほうが良さそうです。

終身保険カテゴリの最新記事