オリックス生命保険ライズの特徴と評判とは

オリックス生命保険ライズの特徴と評判とは

オリックス生命保険のライズは、最近注目されている低解約金返戻型の終身保険です。保険料の払込期間中に解約をすると返戻金は少なくなりますが、その分月々の保険料が割安に設定されています。

もちろん払込期間が満了すれば返戻率も高くなりますので、満了まで払い続けるつもりの人におすすめの終身保険です。


オリックス生命保険ライズの特徴

ライズの最も大きな特徴は、低解約金返戻型であるという点です。月々の保険料が割安ですので、経済的に余裕のない若い人でも加入しやすくなっています。保険料が一生涯上がらず、万が一死亡した時には残された家族がしっかりと給付が受けられます。

保険金額は200万から5千万まで100万円単位で、自分の経済状況に合わせて設定できます。更に不慮の事故等で規定の障害の状態になった時には、それ以降の保険料の支払いが免除されるという特典もあります。

オリックス生命保険ライズの評判とは

ライズは比較的若い人をターゲットにしているという特徴がありますが、評判はどうなっているのでしょうか。

まず会社としての信頼性に関してですが、オリックス生命はここ数年経営が安定していて、絶対とは言い切れませんが急に倒産するというリスクはほぼありません。安心して払込を続けられるということでは評判は良くなっています。

実際に加入した人からの評判として一番挙げられているのが、返戻率が高いという点です。返戻率とは、ライズを解約して解約返戻金といわれるお金を受け取ろうと思った時に、今まで払い込んだ保険料に対して何%になって返ってくるかというのを数値で表したものです。

例えば、今まで払い込んだ保険料が100万円にだったのに対して、110万円が返戻金として受け取れることになると10万円が増えて戻ってくることになりますから、返戻率は110%になります。2017年3月に保険業界では料率改定というものがあり、貯蓄性のある終身保険の返戻率が一気に下がってしまいました。その中でもライズは円建ての商品の中で唯一、返戻率100%を超えているため評判が高いのです。つまり、払った保険料より多く戻ってくるので損をしないということです。

また、万が一のときにスムーズに保険金が受け取れたという評判もあります。生命保険ですので出来れば万が一はない方が良いのですが、それでも対応が迅速であることは大切ですね。

オリックス生命保険ライズの活用方法

冒頭で、ライズは低解約返戻型の終身保険であると説明しました。低解約返戻金型というのは、保険料を払い込んでいる間は返戻率を抑えて保険料も抑えるという仕組みです。ですから、保険料を払い込んでいる途中に何らかの理由でお金が必要となりライズを解約する場合、返戻率は100%を切ってしまいます。つまり、払った保険料より戻ってくる金額が少ないため損をしてしまうのです。低解約返戻金型の終身保険は、保険料の払込が終わるまで解約しないという前提で加入するのがおすすめです。

返戻率をより高くするには、保険料の払込期間を短くすると良いです。一般的には60歳や65歳まで保険料を払込、老後の資金等に充てるためライズ解約する形が多いのですが、ある程度の収入が見込める人ならば払込期間を10年位の短期にしてみましょう。そして、お金が必要になる老後までの数十年間解約返戻金を受け取らず据え置くことで、返戻率を高くして高い金額で受け取ることができるのです。

さいごに

ライズは貯蓄型の保険と考えてください。もちろん終身保険の本来の役割である、死亡保障としても有効な保険です。しかし、終身保険の良いところは死亡保障としてだけではなく、万が一お金が必要になった時に解約することでお金を用意することができます。

2つの使いみちがあるライズですから、貯蓄目的だけではなく、万が一の時にもしっかりと保障してくれるため、数ある円建ての保険の中でも手堅い商品として評判が高くなっています。

終身保険カテゴリの最新記事