終身保険のメリットは満期がないこと?デメリットはあるの?

終身保険のメリットは満期がないこと?デメリットはあるの?

終身保険とは、保障が一生涯続く保険のことです。終身保険の他に、定期保険や養老保険などがありますが、この2つとは明らかに形が違う保険です。

今回は終身保険の保険期間について紹介します。


終身保険とは

終身保険は、生涯に渡って死亡保障がある保険のことをいいます。加入したときから亡くなるまでの期間、亡くなった場合の死亡保険を持つことができるのです。つまり、満期がありません。

終身保険の他に定期保険と養老保険がありますが、これらの2つは保険の期間が定まっている保険です。定期保険は加入から10年間や60歳までというように保険の期間が定まっており、その期間を過ぎると保障がなくなってしまいます。養老保険も同じように、10年間や60歳までというように保険期間が定まっています。この保険期間の終了時点を満期といいます。養老保険は満期を迎えた時に生存していれば、それまでの死亡保障と同額の満期保険金を受け取ることができます。

終身保険は満期がないため、この2つとは全く別物の保険ということができます。

終身保険のメリットとデメリット

終身保険は満期がないため、保障が一生涯続くことがメリットといえます。また、終身保険に加入後ある一定の期間を過ぎると、今まで支払った保険料に対してお金が多く戻ってくるという貯蓄機能も備えています。つまり、掛け捨ての保険ではないところがメリットといえます。

しかし、定期保険や養老保険と比べると保険料が高くなっています。貯蓄機能があるので後々支払った保険料が戻ってくることを考えると割高な保険料は気にならないかもしれませんが、月々の出費は増えてしまいます。

ですから、必要保障額を無駄なく計算して終身保険に加入しなければ、月々の負担だけが増えてしまいます。終身保険に加入する目的が死亡整理資金なのか、貯蓄目的で将来いくら必要なのかなどを算出し、無駄のないように加入するようにしましょうね。

さいごに

終身保険には満期がありません。満期がないということは保障が一生涯続くため、定期保険や養老保険のように満期を迎えた時点で保険に改めて加入を考える必要がないのです、満期を迎えて新たな保険に加入しようとすると、その時点の年齢で保険料が計算されるため保険料が高くなってしまいます。

最初に保険に加入する際、自分に必要な保険の形はどれなのかをしっかり検討するようにしましょうね。

終身保険カテゴリの最新記事