オリックス生命のライズ サポートの特徴について

オリックス生命のライズ サポートの特徴について

生命保険に加入したいと思っても、持病があったり入院経験があると審査に通りにくい場合があります。この様な人の為にオリックス生命ではライズサポートという商品を販売しています。

今回はライズサポートについて紹介します。


ライズサポートの特徴

ライズサポートは引受基準緩和型の生命保険で、医師の審査は不要で、告知項目も限定されています。ライズサポートの特徴は以下の通りです。

引受基準緩和型

一般的な生命保険は、死亡時や高度障害になった時に保険金が支払われますが、ライズサポートは死亡時のみが対象となります。加入して1年以内に保険金を受け取る場合、通常の50%で、保険料も高めに設定されています。

普通の保険に加入できない条件の人が対象となっていて、4つの質問に全て「いいえ」で答えられれば申込みできるというメリットがあります。

解約返戻金は低い

ライズサポートは、掛け捨てではありません。但し解約返戻金は保険料の総払込額を上回ることはなく、貯蓄型としては向いていません。

例えば50歳男性が契約をした場合、契約期間が20年超になっても、解約をした時の返戻金は半分にも満たないのです。

保険料払込免除がある

契約期間中に不慮の事故に遭い、既定の高度障害状態になった時には、残っている保険料の払い込みは免除されるというシステムがあります。不慮の事故とは交通事故などの健常な状態で遭遇するもので、疾病によるものは対象外となります。

余命宣告で保険金を受け取れる

ライズサポートにはリビングニーズ特約があります。これは、医師に余命6ヶ月以内と宣告された時には保険金を受け取れるというものです。一般的に生命保険にはついている特約ですが、やはりあると便利です。

さいごに

ライズサポートは、持病があったりして他の終身保険に加入できない人の為の保険です。長生きすることで払込保険料が保険金額を上回ってしまうこともあるので、良く検討してから加入しましょう。

終身保険カテゴリの最新記事