アフラックの終身保険の特徴は?保険金はいくらまで?健康診断書は必要?

アフラックの終身保険の特徴は?保険金はいくらまで?健康診断書は必要?

終身保険とは、保障期間が一生続くことに加え、死亡時または高度障害時に保険金が支払われる掛け捨てではない保険のことです。

アフラックの終身保険商品にはアフラックの終身保険の他に、アフラックの終身保険どなたでも、未来の自分が決める保険WAYS(ウェイズ)、三大疾病保障プランがあるため、少々ややこしくなっていますが、同じ終身保険でもかなり内容は異なっています。ここではアフラックの終身保険についてその特徴をみていきます。


アフラックの終身保険の特徴

まず保険金の額は200万円以上となっており、以降100万円単位で希望の額に設定することができますが、契約時の被保険者の年齢によって上限が決まっています。上限は満45才以下の場合には2000万円、満46才以上65才未満の場合は1200万円、満66才以上満70才以下では500万円。いずれの場合も500万円をこえる金額で契約する時には、面談が必要です。

次に健康診断書提出の有無です。アフラックの終身保険では健康診断書の提出は不要で、健康状態は告知書に記入をします。ですが、保険金額をさらに引き上げたい場合には医師の診断、所定の検査が必要となり、診査を受けることによって他社と合わせて5億円までの契約が可能となっています。しかし満15才未満の場合は適用されず、1000万円が限度です。契約できる年齢が満3才から満80才であることから、70才以上で加入する場合は医師の診査が必要といえます。

契約者になることができるのは本人、配偶者、2親等以内の親族に定められており、中途の解約では払戻金があります。払い戻しは「契約した時の年齢」と「保険料を払った年数」によって算出され、場合によってはかなり少額になることから注意が必要です。

アフラックの終身保険はオーダーメイドよりの終身保険といえます。ネットから申し込むことができる終身保険ではありますが、払戻金は貯蓄性があるわけではないため「一生涯払い続ける」ということを前提に金額をシミュレーションし、申し込むべき終身保険といえるでしょう。

終身保険カテゴリの最新記事