アフラックの未来の自分が決める保険・WAYSとは

アフラックの未来の自分が決める保険・WAYSとは

「生命保険は若い内から入っておいた方が良い」とは言われますが、生命保険の代表格である死亡保険にも、それは当然当てはまります。

とは言っても、人生というのは、いつ何が起きるかわからないものです。まして年齢が若ければ若い程、将来において、一体自分や家族がどんな境遇にあるか、なかなか予測出来ないものでしょう。


未来の自分が決める保険

その時に、一体どんな保障が必要になるのかまで、じっくりと考えることが出来る死亡保険が、アフラックから出ているWAYSです。キャッチフレーズはズバリ、「未来の自分が決める保険」。そのフレーズ通り、一定の年齢における状況に応じて、様々な保障タイプに変更が可能なのです。

まさに、若い人にこそ入ってもらいたい死亡保険が、アフラックの「未来の自分が決める保険」、WAYSというわけです。

具体的には、老後の生活不安には「年金コース」。公的介護保険認定を受けた場合に、年金を受給出来る「介護年金コース」。病気や怪我の医療費に備える「医療保障コース」への、それぞれ変更が可能です。勿論、そのまま死亡保険として、「死亡保障コース」を維持することも可能です。

WAYSの具体的な保障変更パターンを、60歳時に保障変更タイプの場合で見てみましょう。年金コースは、60歳以降、何歳でも1度だけ年金コースへの変更が可能です。また、介護年金コースと医療保障コースは、それぞれに保障変更を希望する場合には、58歳時に選択しておく必要があります。

一方で、WAYSの特長は、保障変更可能ということだけではありません。保険の支払い完了年齢を、60歳、65歳、70歳の3つのパターンで選択出来るのです。

これにより、出来るだけ早い段階で保険料を払い終えたい人や、期間を長目にして、1回の保険料の支払い額を抑えたい人など、より、自分のライフスタイルにあった希望のパターンを選択することが出来るというわけです。

若い年代から保険料を支払っていれば、負担額が減ります。しかし、将来何が起こるかわからないので、保険を選びにくいことで、ためらっている方には、アフラックの「未来の自分が決める保険」であるWAYSは、まさにうってつけの死亡保険と言えるでしょう。

終身保険カテゴリの最新記事