アクサ生命の終身保険、賢者の備えの特徴

アクサ生命の終身保険、賢者の備えの特徴

保険は将来の心配に対して備えるものです。保険のタイプによりますが健康でない状態ですと加入できなかったり、保険料が高くなったりしますので、気になった時が加入すべきタイミングですよ。

今回紹介させていただくのは、アクサ生命の「賢者の備え」という商品です。たくさんある保険商品ですが、この商品は次の条件にあてはまる方にとくにおすすめしたい商品です。


賢者の備えの特徴

まず、保険は大きく終身保険と定期保険がありますが、生涯にわたって安心できるのは終身保険です。この「賢者の備え」は、死亡保障と介護保障を一つの保険で一生涯備えることができます。

また、介護保障と一口にいっても、必要になり申請したときから定額を少しづつ受け取るタイプと申請時にまとまった一時金を受け取れるタイプがあります。この保険は一時金タイプになります。介護はとくに介護が始まる時に色々なものを準備したり、まとまったお金がかかることが多いので、一時金で受け取れるのは大きな安心となります。

さらに、この商品では払いこんだ保険料の一部を年金として受け取ることもできる保険です。というのも、自分がどのような健康状態になるのかは予測不可能です。備えていても、介護不要で元気でいられる場合もあります。その際に支払った保険料が1円も戻ってこないのはもったいない気がしませんか。この保険は特約にはなりますが、健康だった場合でもお金を年金形式で引き出すことができます。

この保険は、老後の死亡と介護に幅広く備えられるのが大きなメリットですが、注意点もあります。介護一時金の受け取り条件です。この保険は、公的介護保険制度に連動せず、継続して180日以上の所定の介護状態に該当した場合のみに保険が適用されます。

これは他社の介護保険の適用条件よりは厳しくなっていますので、この点には注意が必要です。この要介護状態とは、具体的には、常時寝たきりでベット周辺の歩行ができない、さらに衣服の着脱、入浴、食物の摂取、排泄物の拭きとり処理など身の周りの自立について2つ以上困難であるなど状態を指します。

いざという時に保険が下りないということのないように適用条件に関しては十分ご検討ください。

終身保険カテゴリの最新記事