女性は低解約返戻金型終身保険がおすすめ?その理由とは

女性は低解約返戻金型終身保険がおすすめ?その理由とは

女性の方々が終身保険の加入を考えた場合、保障額やそもそも加入すべきか?という疑問にぶつかると思います。

終身保険というのは、万が一死亡した時に残された家族がお金を受け取れる保険ですから男女問わず必要だと考えます。しかし、保障額は状況に応じて決めていく必要があるのではないでしょうか。


女性におすすめの終身保険とは

終身保険は一生涯に渡って保障が続く生命保険のことです。亡くなった時のリスクを考えると、定期保険ではなく終身保険で備える方法がおすすめです。

独身の場合だれにも迷惑をかけないから、という理由で終身保険に加入されない方がいらっしゃるのですが、お葬式代や身の回りの整理でお金がかかります。両親がそのお金を負担してくれるなら別ですが、最低限の備えをしておくことで残されたご家族も安心できることは確かです。

死亡整理資金として必要だと言われている額は、200万円と言われています。保険料との兼ね合いもあると思いますが、200万円あれば十分ではないでしょうか。

結婚して子どもがいる場合も、家計の中心でない限りは200万円が最低限と言われています。小さな子どもがいる場合は、ベビーシッターや家事代行を頼んだり、外食が増えたり、ご主人が今まで通り働けなくなるリスクを考えなければなりません。団信に加入してローンの支払をご主人と分けているのであれば、残りの半分の支払は続くことになります。そのような状況があれば、300万円から500万円といった金額が妥当かと思われます。

必要額は各家庭によって違いますが、女性の場合は終身保険で備える金額はそれほど多くないと思って良いかと思います。

女性が備えるべきおすすめの保険とは

女性が外に出て働くというのが普通の時代になってきましたが、結婚や出産を機に今まで通り働けないのが現状です。仕事をセーブして家事や育児に比重を置かなければならないですよね。男性はどちらかと言うと、家族が増えることで益々仕事に専念したりすることも多いはずです。各家庭によりますが女性が収入のメインを担っていない場合、男性が亡くなる方が家計的に厳しくなる家庭が多いと思います。

そうすると、男性は死亡保険に重きを置く必要があります。一方で女性は亡くなった時のリスクより、どちらかというと病気で入院することで育児や家事ができなくなるリスクの方が高いはずです。

つまり女性は、死亡保障は死亡整理資金として最低限を備え、医療保険やがん保険といった病気のリスクに備える保険に加入するのがおすすめです。入院や手術に備えておくことで、受け取った給付金が余ればベビーシッターや家事代行費用に充てることができますし、病院までの家族の交通費等にも充てることができますね。

さいごに

ここまで、女性の終身保険は最低限で良いとお話をしてきました。終身保険の中でも、低解約返戻金型終身保険というのがあります。これは、終身保険の使いみちの1つである貯蓄に目を向けているタイプの終身保険です。

終身保険は死亡保障を持ちながら、解約した時にお金が受け取れる仕組みです。保険料を払い終えると今まで支払ってきた総支払保険料より、戻ってくるお金、つまり解約返戻金が増えます。一方で、保険料の払込を終える前に解約してしまうと解約返戻金は少なく、損をしてしまうことになります。

低解約返戻金は保険料を支払っているうちの解約返戻金を、通常の70%に抑えることで保険料を抑えている終身保険です。女性が死亡整理資金として終身保険に加入する場合、解約しない前提で加入すると思います。そうであれば、できるだけ保険料を抑えた方が良いという理由から、低解約返戻金型がおすすめなのです。

低解約返戻金型終身保険は各社用意していますから、保険料をしっかり見比べてみましょう。また、万が一将来的に解約することになっても良いように、返戻率が少しでも良い保険会社を選んでおくことをおすすめします。

終身保険のおすすめカテゴリの最新記事