アフラックのギフトの特徴とは?必要な保険なの?

アフラックのギフトの特徴とは?必要な保険なの?

家族に万が一があった場合、残された家族は精神的なダメージとともに、これらかの生活費や教育費の負担がのしかかります。保険はこのような自体に備えるためのものです。

今まで主流だった保険は、家族に万が一があった場合、今後必要となるお金を一括で受け取るタイプの定期保険でした。現在は、亡くなった方から毎月お給料が届くようなイメージの定期保険が主流となっています。

今回はアフラックの家族に毎月届く生命保険GIFT(以下、ギフト)という定期保険の保障内容をご紹介していきます。


ギフトの特徴とは

ギフトはその名の通り、残された家族へ贈り物(ギフト)が届くというコンセプトの元に作られた定期保険です。万が一被保険者が亡くなった場合、家族のところに毎月年金が届きます。亡くなられた場合は収入が途絶えますが、そのかわりとなり生活費や教育費に充てることができるのです。

定期保険ですから、保険期間が決まっており50歳満期から80歳満期まで希望に合わせて設定が可能で、月々受け取れる金額も10万円から990万円まで1万円単位で契約が可能です。

ギフトには三大疾病保険料払込免除特約を付加することができます。これは、三大疾病といわれるがん、脳卒中、心筋梗塞で所定の状態となった時、以後保険料を支払わなくて良いという特約です。保険料は支払わなくとも、万が一亡くなった時は家族に年金が支払われます。

特約をつけることで保険料が多少割高になりますが、日本人がなりやすい病気ですから付けておいて損はないかもしれませんね。

また、ノンスモーカー割引特約というものがあります。過去1年間に喫煙をしたことがない方は、タバコを吸っている方と比較し、保険料が約30%から35%ほど安くなります。非喫煙者は病気になるリスクが低いことから、こういった特約があります。

ギフトの必要性

今までは家族が亡くなった場合に保険金を一括で受け取る定期保険が主流でしたが、最近ではギフトのように月々受け取れる保険が主流となっています。

一括で受け取る保険の場合は、被保険者がどの年齢で亡くなっても家族は大きな金額を受け取ることができます。子どもが小さいうちは、今後の生活費と教育費を考えて大きな金額は必要です。しかし、子どもが大きくなるにつれて必要金額は減っていきます。

もう少し詳しく説明すると、30歳から60歳までトータルで5,000万円必要で保険金額を5,000万円に設定したとしましょう。すると、一括で受け取る保険は58歳の時点で亡くなっても5,000万円受け取ることができます。しかし、58歳の時点で5,000万円必要か?という疑問が生まれます。

58歳になれば子どもがある程度大きくなり、それまでにかかってきた生活費や教育費は必要ありません。残された家族に必要なお金は、残り2年間の生活費と大学進学資金くらいではないでしょうか。5,000万円あれば裕福な生活を遅れるかもしれませんが、余分なお金を受け取れるということは保険料が高いということです。

ギフトのように残された家族が毎月受け取れるタイプに加入することで、保険料を抑えることができ、その時に必要な金額を過不足なく受取ることができるのです。このような理由から、一括タイプではなく、月々受け取れる保険が主流となってきています。

さいごに

生命保険は万が一の自体に備えて加入する保険です。万が一というのはないに越したことはありませんが、万が一がなかった場合は保険料を掛け捨てていることになります。

保険料を無駄にしないためにも、必要な金額を過不足なく受け取れるように加入する必要があります。そのためには、被保険者が亡くなった場合どれくらの生活費と教育費がかかるのか、ライフプランをしっかりと立てる必要がありますね。

このような保険に興味がある方は、保険の相談窓口などでしっかりと必要保障額を算出してもらうようにしましょう。

 

定期保険カテゴリの最新記事