オリックス生命のブリッジとファインセーブの違いとは?

オリックス生命のブリッジとファインセーブの違いとは?

オリックス生命の保険の中でも定期保険ブリッジ(以下、ブリッジ)と定期保険ファインセーブ(以下、ファインセーブ)は人気の商品です。

生命保険に興味を持っていてオリックス生命の保険に加入したいと思っているけれども、ブリッジファインセーブの違いが分からない、という人もいます。今回はブリッジファインセーブの違いを紹介していきます。


ブリッジとファインセーブの違いとは

ブリッジファインセーブは、どちらも定期保険です。保険期間が定まっており、保険期間内に死亡した場合は死亡保険金が受け取れるようになっています。名称は違いますがどちらも死亡保険には変わりありません。

ただし、ブリッジはインターネット専用定期保険で、ファインセーブは郵送や対面で申込が必要です。ブリッジはインターネット専用ですので、若い人や忙しい人でもインターネットから気軽に申し込めます。また、インターネット申込ということで、ファインセーブに比べると保険料が割安になっています。

契約内容の違いは以下の通りです。

 契約年齢

  • ブリッジ:20歳から65歳
  • ファインセーブ:15歳から75歳

保険金額

  • ブリッジ:500万から3,000万円
  • ファインセーブ:200万から5,000万円

どちらも100万円単位で設定できます。

保険期間

  • ブリッジ:10年から30年までで5年おきに満了期を設定、あるいは60歳から80歳までで5歳おきに満了期を設定
  • ファインセーブ:10年から35年までで5年おきに満了期を設定、あるいは60歳から90歳までで5歳おきに満了期を設定

自動更新最高年齢

  • ブリッジ:最高80歳まで
  • ファインセーブ:最高90歳まで

上記を比較すると、ブリッジファインセーブの最も大きな違いは申込み方法であることが分かります。入口が全く違うのですが、契約内容に関してはファイセーブの方が幅広い年齢層を対象としていることが分かります。ファインセーブは保険期間が最高90歳までとなっていて、今の平均寿命であればカバーしきれる形です。

ブリッジとファインセーブのどちらで申し込むべき?

保険金額や保険期間が決まっているのであれば、該当する方に申し込むと思います。しかし、どちらで申し込むか迷っている方も多いと思います。

保険は無駄な加入の仕方をすると保険料がもったいないですし、定期保険の場合は掛け捨てでなおさら無駄な保険料は払いたくないですよね。無駄な保険をかけないためには、亡くなった時に残された家族に必要な金額をしっかりと割り出す必要があります。それができるのは対面販売ですから、1度は相談窓口に行き必要額を算出してもらいましょう。その上でブリッジにご自身で加入されると、保険料を抑えることができます。

忙しくて窓口に行く時間がなかったり、必要額がわかっている場合はインターネットで申し込んでも良いですね。ただし、インターネットでの申込でも必ず契約者本人が操作する必要がありますので、インターネットが苦手という方は、郵送もしくは対面で申し込むようにしましょう。

さいごに

死亡保険は万が一の時に役立つものですのが、月々の保険料が負担になることが多くあります。掛け捨てタイプは保険料が安いのが特徴ですが、安さばかりに注目していると必要な保障が付いていないこともあります。毎月保険料を支払うわけですから、本当に保険を必要とする時にしっかりした保障が受けられるように備えるべきですね。

ブリッジファインセーブの違いをご紹介しましたが、自分に合っている保険金額や保険期間はどちらなのか、しっかりと見極めてくださいね。

定期保険カテゴリの最新記事