オリックス生命ファインセーブ の評判は良い?

オリックス生命ファインセーブ の評判は良い?

オリックス生命は保険業界のプロフェッショナルからの評価の高い保険会社です。保障内容がシンプルで分かりやすく、保険料が安い商品を揃えていることで有名です。その中でも定期保険であるファインセーブは老後資金づくりにおいて様々な場面で活用できるといわれています。

ファインセーブはどのような仕組みなのでしょうか?今回はファインセーブの特徴と評判について紹介したいと思います。


ファインセーブの特徴

ファインセーブの正式名称は無配当解約払戻金抑制型定期保険です。主契約としては、保険期間中に被保険者が亡くなった場合の死亡保障、もしくは高度障害状態になった時に高度障害保険金が受け取れます。

特約はリビング・ニーズ特約といい、被保険者が余命が6ヶ月以内と診断されたときリビング・ニーズ保険金が受け取れます。これは生存中に受け取れる給付金です。治療費を保険金でカバーすることができるというメリットがあります。

定期保険ですから保険期間が定まっており、解約返戻金をなくすことで保険料を抑えることができているのがファインセーブの最大の特徴といえます。

ファインセーブの評判

ファインセーブの保障内容はシンプルすぎてほとんど説明がいらないというほどわかり易く、加入した方からは高評価となっています。わかりやすいということで非常に安心して加入できているということです。また、競合他社との比較が簡単というのも選ばれている理由の1つのようです。

保険金額は200万円から5,000万円まで100万円単位で設定できますし、保険期間は年満了と歳満了の2種類が選べます。年満了とは、保険期間を10年から35年の5年刻みで設定する方法で、特定の期間の保障を手厚くしたい人に向いています。

歳満了とは、保障期間が終了する年齢を指定することができます。ファインセーブでは最長90歳まで指定できますので、長期に渡って保障がほしい人に向いています。

保険金額と保険期間を自由に設定できるのでより安心ですね。年満了か歳満了かは加入の目的によって変わってきます。

例えば、子どもが生まれてから成人までの保障を厚くしておきたい場合は、20年満了の1,000万円の死亡保障をつけることも可能です。また、老後に残された家族のためにお金を残しておきたい場合は歳満了で90歳まで保障をつけておくと良いといわれています。日本人の平均寿命がだいたい男性81歳、女性83歳ですので、ほぼ一生涯の保障がついているようなものです。こういったことも加入者からの評判が高い理由です。

さいごに

保険料が抑えられているため加入してからの評判は高めですが、あくまでも定期保険です。保険期間を過ぎてしまうと一切保険金を受け取ることができません。今後平均寿命がどんどん伸びていくことを考えると、多少の心配は残ります。

また、90歳満了を選択した場合は90歳まで保険料を支払い続けなければなりません。今は安いと思う保険料かもしれませんが、それを一生支払い続けるとなると負担が大きいかもしれませんね。解約返戻金がないため、保険料が負担になり途中解約すると戻ってくるお金がないところも気になるところです。

死亡保障として加入する限り、途中でやめないようにする必要があります。人気の高いファインセーブですが、しっかりとデメリットも把握した上で加入するようにしましょうね。

定期保険カテゴリの最新記事