メディケア生命のメディフィット定期で死亡保障を備えよう

メディケア生命のメディフィット定期で死亡保障を備えよう

メディケア生命のメディフィット定期は、20歳から70歳までが加入できる定期保険です。定期保険というといまいちどんなものか分からないという人は少なくありません。

ここではそんなメディケア生命のメディフィット定期についてご紹介していきます。


メディフィット定期の概要

メディフィット定期は、万が一に備えた死亡保険です。保険の金額は、自分で選択することができます。その金額は500万円から3000万円と幅があります。

また保険期間と保険料払込期間も自分で選択できるようになっています。契約時に10年満期、もしくは60歳か65歳、80歳で払込満了を選択することができます。

10年満期のものはその期間が終わると更新することも可能です。10年間の間に万が一のことがなかったということなので、その後の備えに向けて契約を更新すると安心です。

死亡保障といっても死亡する原因は様々なはずです。しかしこのメディケア生命のメディフィット定期は、病気、事故、災害などいずれの理由での死亡でもその保険金額は同額なのです。

またもしもメディフィット定期で決められた障害状態になった場合は、以後の保険料の払込が不要になります。また高度障害状態になった場合は、まだ生存中でも保険が出るのが嬉しいですね。

契約料は、契約をした時から契約の満了まで上がりません。毎月同額を支払って行くだけでいいのですね。ただし、契約が満了になってその後更新したいという場合は、契約料の更新があるため、再計算により契約料が決まります。その場合は、年齢も上がっていますし保険料は高くなります。

メディケア生命のメディフィット定期は、自分が万が一死亡した時、お金を残された人に託す保険です。いつまでも健康で長生きしたいという願いは誰もが同じですが、病気やケガ、事故といったものはいつ起こるか予測ができません。そこで万が一に備えておきたい人がかけておくといいのがこの死亡保険なのです。

定期保険カテゴリの最新記事