定期保険のメリットとデメリットとは?

定期保険のメリットとデメリットとは?

保険には様々な種類があり、どれに加入して良いか迷ってしまうと思います。よく聞く保険としては、医療保険や終身保険、定期保険ではないでしょうか。

その中でも保険料が安く死亡保障を準備できる保険は、定期保険です。


定期保険とは

定期保険とは、文字の通り期間が定まっている保険のことをいいます。例えば、保険の期間が60歳までなどの年齢で期間を定めるものと、10年間などの短期間だけ備えるものがあります。契約した期間が過ぎてしまえば保障がなくなりますので、それ以降に万が一があっても保険金を受け取ることができません。

定期保険の最大のメリットは、保険料の安さです。限られた期間内に万が一が合った場合は保険金が受け取れますが、万が一が無い場合は保険料を支払っているだけ、いわゆる掛け捨ての状態です。定めた保険期間内に亡くなる確率は多くないことから、保険会社としては支払いのリスクが高くありません。そのため保険料を安く抑えることができているのです。

デメリットとしては、契約内容が自動更新になる場合保険料がその都度高くなっていきます。例えば、30歳の男性が60歳まで支払いが続く定期保険に加入したとします。この時保険期間が10年だと、40歳と50歳の時に契約内容が自動更新され、保険料がその年齢で再計算されます。更新のたびに保険料は約1.5倍から2倍になります。

この2点が定期保険の特徴です。

さいごに

保険料が上がることを懸念し定期保険を避ける方が多いですが、子育て世代の男性は終身保険の上乗せで定期保険を選択することが多いです。

終身保険は保険料が高いですから、子どもが小さいうちは大きな保障を終身保険だけで備えるには負担が大きくなってしまいます。そのような場合は定期保険で上乗せすることで、保険料を抑えつつ大きな保障を備えることができるのです。

保険選びには、自分にあったものを選択することが重要です。メリットとデメリットの両面をみて、自分に必要な保険かどうかをしっかりと判断しましょうね。

定期保険カテゴリの最新記事