定期保険に加入する時、どこを比較したら良い?

定期保険に加入する時、どこを比較したら良い?

定期保険とは、期間が定まった保険のことをいいます。例えば、加入から10年間、または60歳までというように、加入からいつまでこの保険を持つが選択することができる保険です。

定期保険を選ぶ際、どこを比較して選べば良いのでしょうか。


定期保険の比較ポイント

定期保険は被保険者が死亡した場合に、残された遺族が死亡保険金を受け取ることができる保険です。大きな保障が手頃な保険料で加入できるのが大きな特徴です。なぜ保険料が安いのかというと、定めた期間内に死亡する確率は低いですが、保険料は掛け捨てですので、保険会社としては支払う確率が低いため保険料が抑えられているのです。

つまり、定期保険を比較するポイントとしては保険料です。自分が必要だと思う保険金で、保険料を各社比較してみましょう。掛け捨ての保険ですから、できるだけ安い保険を選んだほうが良いですね。

定期保険には特約を付けることがほとんどありませんから、保険料比較で十分です。1つだけ特約を付けるとしたら、三大疾病払込免除特約です。保険会社指定の三大疾病状態になった場合、以後の保険料を支払わず保障だけ続けることができる特約です。この特約を付ける場合は、保険会社によって特約が適用になる要件が異なりますので、その要件もしっかりと比較するようにしましょう。

定期保険は、高度障害になった場合や、余命半年と診断を受けた場合に死亡保険金を生存中に受け取れる場合が多いです。これらも保障に含まれているかしっかりと確認しましょうね。

定期保険の比較カテゴリの最新記事